「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
ほっぽらかしていたブログをこんな話題で再び書き込むとは思わなかった。

8月4日の蒸し暑い昼下がり。訃報は突然入った。そして松田直樹選手は「二度と会えない人」となってしまった。混乱する頭。「おい、何だよそれ…」そんな言葉しか出てこなかった。空には入道雲。どんどん大きくなる雲とともに悔しいような、切ないような、腹立たしいような、泣き出しそうな気持ちが沸き上がった。

理屈で整理なんざできんだろう。「ご冥福をお祈りします」なんて紋切り型の言葉はしばらくおかないと出てこないだろう。本当に混乱していて、涙声にはなるけれどなぜか号泣できない。泣けたら少しは楽なのかもしれないけど、あと一歩のところで完全には泣けていない。

ただ、混乱していても一個だけわかっていることはある。ずっと若く、そして今もピッチで戦っている愛するマリノスの選手たちは俺以上に混乱し、悲しみ、悔しさにまみれているだろう。憧れの兄貴分にはもう会えないのだから。

そんな彼らはこの週末、柏との天王山を迎える。その選手の背中を押し、勇気づけ、勝ち点3を奪取するために共に闘うことは、今俺ができる松田さんへの唯一の弔いだと思う。

だってそれが松田さんの大好きな「優勝」への道だから。

優勝は松田さんの悲願だ。天皇杯制覇へ近づいた08年、彼は寄せ書きに大きく優勝の文字を書いていた。
そして今日、栗原選手も「優勝してマツさんを悔しがらせたい」と言っていた。センチメンタルに浸るマリサポの姿なんか、マツさんも見たくないだろう。

だから心を強くするしかないんだ。

混乱する心を「松田直樹に勝利を、優勝を捧げる」という想いで塗りつぶせ。

松田さんが逝去されたことについて受け入れ切れなくても、立ち上がらなくてはいけない。優勝への道はまだまだ遠く、強い意志をもって突き進まなければ行けない。

「絶対勝利」「絶対優勝」

何かのプロパガンダみたいだけど、俺はこの二つを松田直樹選手への弔いと、崩れ落ちそうな心の支えにするよ。
b0038792_0513443.jpg

[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2011-08-05 01:03 | 横浜F.マリノス
b0038792_036098.jpg

2011年のJリーグが開幕しました。
毎年、「今年も全力で応援しようぜ!!!」とか威勢のいい言葉をここに並べていたんだけど、今年はなんだか少し違う感覚が心をおおっています。また今年もゴール裏のスタンドにいれることのうれしさ、またマリノスを応援できるよろこび、顔ぶれは変われど新しいデザインのユニフォームでピッチに立つ選手たちへの期待。いろんな気持ちがあいまって、「フットボールって素敵だなぁ」って感情が染み出ててきているっていう感じです。

豊田スタジアムのスタンドにはたくさんの人が旗を抱えて来てくれて、選手が入って来たときに一斉に旗が上がって風にたなびいたときの感情は最高でした。青い空と緑のピッチと赤く染まった名古屋のスタンドの間に現れたトリコロールの旗を見たとき、いつもなら勇ましく「闘う気持ち」で昂ぶるんだけど、昨日はなんだか「幸せな気持ち」になりました。
だって、去年の最終節、泣いたり叫んだりしていた仲間がまた同じゴール裏に集まって応援してるってことはどこかミラクルで素敵じゃないですか。

試合展開はもっと上手くレポートできる人がいると思うんで触れないけど、パンゾーさんと谷口くんはいい選手だなぁって感じたのと、前線によくボールが収まっていい試合展開だったなぁって感想です。まぁ、最後の最後に追いつかれたことについては悔しくて、暫くお迎えのチャントを歌えなかったんだけどね。

考えてみるとここ2年黒星スタートだったチームがチャンピオンチーム相手に善戦したことは明るい材料だし、最後の詰めの甘さについてはしっかり突き詰めて次に繋げればいいわけだし。
まぁ、今年も元気にマリノスを応援していきましょう!!!

追記:あ、去年はなんだか忙しくて開幕戦に関するブログ書いてなかったのねん...
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2011-03-07 00:37 | 横浜F.マリノス
YOUR SOUL ON YOUR FLAG
豊田スタジアムには1人1本の旗を持って行こう!アウェイゾーンをトリコロールのフラッグで埋め尽くして、選手を後押ししよう!!

開幕戦、相手は昨年の覇者、名古屋。その強大な敵の本拠地に乗り込む際に、「旗」「ビジュアル」という武器を持って挑む。
1人1本、トリコロールの旗を。

1. 買う〜オフィシャルフラッグを買う
オフィシャルショップやスタジアムで販売されているフラッグを買う。 サイズはMかLのものがピッチからの見目もよくオススメ。

2. 作る〜布を用い自作する
青白赤、3色の布があればそれだけで旗は作れる。青一色でもOK。 自分で作った旗には、特に愛着が湧く。

3. 増える〜旗の本数が増える
買ったor作った旗は、今回だけじゃない。
次のマリノスの試合のとき、ホーム横浜で試合があるときに、また持ってきて振ることができる。
スタジアム全体で旗の本数が増える。ビジュアルが鮮やかな、横浜らしいゴール裏が出来ていく。


先ずは開幕戦豊田スタジアム。 家に眠っている旗、飾っている旗ありませんか?
全員が旗を持っていって、圧倒的なビジュアルでピッチで闘う選手を強烈に後押しよう。

--------------------------------------------------------------------------------------------
サポーターっぽいことを始めたばかりの2005年。当時、ビッグフラッグ隊のTristanさんのところで色々見よう見まねで色んなことをおぼえはじめた頃、何よりもゴール裏で目を引いたのは旗だった。旗振り隊の大旗、自作のでかい旗、L旗を改造したやつ・・・。バンデーラと相まって、横浜のゴール裏は最高に華やかだったように感じていたっけ。

新しいシーズンが始まる。僕らの周りを取り巻く話題は決して明るいものではないけれど、そいつを振り払うエネルギーは僕らがつくらないと始まらない。

魂を旗に込めて。

しゃちほこばりにふんぞり返る名古屋の皆様に、華麗なるトリコロールの海のアウェイスタンド見せてやろうじゃないの?器用な人は上手に、最愛の一枚の旗を作ればいい。買った人も、塩ビを長いものに換えたりして「最愛の1本」を作ればいい。

さあ!その手に旗を携えて乗り込もうぜ!
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2011-02-26 22:23 | 横浜F.マリノス
さて謹賀新年以来の更新です。
今年も新体制発表会行ってきました。今年初のマリノス絡みのイベントだったんでテンションは密かに高めでした。年末から使い始めた長官カメラ3号を抱えてたし。
b0038792_046257.jpg
久々に地元の風景撮ったりしながら現地に向かいました。

まぁ、発表会の中身はあちこちでツイッターとかで実況されてたし、あらためて言うまでもないんだけど、ああやってデータ持ち出して展望を語る社長ってこれまでのマリノスにはなかったなぁなんてぼんやり思いながら眺めていました。年末のこともあり、何かと否定的になりそうなハートを努めて前向きにしながらそんなこと考えてました。
時間は流れていくものだし、新しい歴史を作っていかなきゃ行けないし、そこには血の入れ替えも必要なのかもしれない。新たに加わった選手たちはその意味をピッチで示していってほしいし、たくさんのマリサポの葛藤や懸念を振り払ってほしい。そんなことも考えてました。

今年は念頭に「想いは伝えるもの」って書いたんで、それを実行すべく、仲間と食事した後に新加入の選手に直接会って、たどたどしいけれど自分なりの想いを伝えてきました。
b0038792_1242913.jpg
小野選手。10番を背負ってのプロ生活のスタートです。そんな小野選手にはこんな言葉をかけてきました。
「前任者と比べられたり、10番の重みが否応無しに降り掛かってくるだろうけれど、小野選手らしく、新しい10番の歴史を作ってください」
b0038792_1301932.jpg
大黒選手。たくさんのクラブを渡り歩いたせいか、どこか素っ気ない彼にはちょっと意地悪な激励をしてきました。
「僕は11番が大好きでした。また11番が好きになれるように活躍してください。期待しています」
期待しているけれど、11番への愛情を知ってもらいたかったんであえて煽るような言葉をかけてきました。ほんと、頑張ってください。
b0038792_139514.jpg
b0038792_1435889.jpg
サイドバックの小林選手と武田選手。二人へかけた言葉はほぼ同じ。もうちょい変えられたら良かったんだけどね。
「今年のバックラインは劇的に変わると思います。持ち味を発揮して活躍してください。ゴール裏からでかい声で応援します」
b0038792_1534574.jpg
森谷選手。彼のことは夏場に見てすげーなーって思ってたんでそんな話を織り交ぜつつ声をかけてきました。
「夏場に森谷選手を見て、マリノスに本当に来てくれたらいいなぁと思ってました。本当にきてくれて嬉しいです。期待してます」
b0038792_2549.jpg
松本選手。Jユースカップ優勝の栄冠を引っさげての入団です。
「年末、テレビの前だったけど活躍を見ていました。すばらしいキックをトップチームでも存分に見せてください。頑張ってください」
b0038792_214281.jpg
さて、青山選手です。センターバックです。いろいろな想いが渦巻いて何を伝えようか、どう激励しようか、目の前にたったとき心がざわめきました。でも青山選手は青山選手として頑張ってもらいたいってのが最終的な想いでした。
「センターバックの青山選手には本当に活躍してもらいたいです。全力で応援しますんで全力で頑張ってください」
...ほんとに一番テンパってしまいました。伝わったかなぁ。
b0038792_2262533.jpg
さて、最後は谷口選手です。この会場に入る直前、前にいた小学生の子が「いた!谷口選手いたよ!やった!」って盛り上がっているのを見ていたことと発表会で一番固くなっているように見えたんでそんなことを頭に置きながら声をかけてきました。
「さっきの男の子をはじめ、たくさんのマリサポがあなたに期待しています。大切な選手が去った後に来た谷口選手への期待は大きいです。頑張ってください」

その言葉がどこまで伝わるか、何を意味するかはわからないけれど、頑張ってほしいって想いは全力で伝えてきました。練習も見に行きたいしそこでも声を掛けたいんだけどね。ちょっと先になるかなぁ。

2011シーズン、動き出しました。もう後ろは向かないよ。
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2011-01-17 02:37 | 横浜F.マリノス
あけましておめでとうございます。
もう6日もたってこういうのもなんなんだかって感じですがね。

家族が体調を崩してからというもの、いろいろ感じたり考えたりするものがあります。
一つは「気持ちは秘めていても伝わらない」ってこと。転じて「想いは伝えるためにある」ってこと。

体調を崩したのは母なのですが、それまでしっかりと「ありがとう」を伝えることがなかったんだけどそのままじゃよくないなぁと強く思うようになってね。努めて自分なりの感謝の想いを伝えるようにしました。

去年の最後のエントリーに遊び半分で作った動画を載せました。自分なりに作ってて面白かったのもあるんですが、年が明けてからあのエントリーを読み返し、少々中途半端だなぁと感じる部分がありました。テーマは何なんだろうと。伝えたいことは何なんだろうと考え込んでしまいました。

あの動画で、松田や山瀬や河合といった選手に「ありがとう」は伝わるのかなって考えだしたらどうにも納得がいかず、ひとつチームを去る選手たちに感謝の気持ちを乗せた動画(スライドショー)を作ろうと思いました。

あまりあのことを引っ張りたくない気持ちもあったのですがやっぱ「ありがとう」はしっかり言わないとね。新年最初のエントリーはそんな感謝の気持ちからスタートさせようと思います。

今年もよろしくお願いいたします。


追記
マツ、セレッソに決まりそうなんだね。マツほどの選手がどこにも決まらずにいるなんておかしいって思ってたけど、いざ決まりそうになると複雑な気分だね。でもこれで決まりだとしたら「まだサッカーをやりたいんだ!」って叫んでた彼のことを思うとかなりいい所に決まったと思う。めんどくさいのが一人、セレッソに増えちまいそうだ。うちとやるとき、乾とグルになって張り切っちゃたりして。やだなぁ。
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2011-01-06 23:32 | 横浜F.マリノス
まだ少しだけ2010年は残ってる。忘年会もあるしね。
しっかし疾風怒濤の1年だったんじゃないかなぁ。特に12月は。

個人的に大切な人を次々と亡くし、今も家族が病に苦しんでいるこの1年はキツかった。と、同時に一瞬一瞬を一所懸命にやらないと後悔することをいやというほど思い知らされた1年だったな。

あえて事細かなことはいわない。いろいろな存在や事実が信じられなかったとしても心のど真ん中に変わらずに神木のようにトリコロールが通っていれば最後にはいいことがあるはず。

2ヶ月ぐらい前、いたずら半分に動画を作ってみました。単純に昔の写真や少しだけあったムービーをつなぎ合わせて、好きな音楽をのせただけの動画だけど、さよならした選手が結構出てたり、これからも横浜で頑張ろうとしている選手の姿が出ているので、何か感じてもらえたらな幸いです。
あ、あといろんなとこから拾った画像や何やらが出てます。特に事前に声を掛けたりしなかったけど、オリジナルの撮影者の皆さんへ感謝申し上げます。

ま、俺も一段落したし、今日はハマトラ忘年会でいろいろ話そうよ。ね。

[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2010-12-30 03:35 | 横浜F.マリノス
最悪の事件が起きているのは周知の事実。
何が悪いってクラブが言っている言葉の端からどんどんメッキが剥がれて嘘がばれていくこと。
嘘がばれても、心が痛いと叫んでも「そうなるとは思わなかった」「信頼関係はできていると思った」と、まるでどっかの学校でいじめを苦に自殺した生徒の親を前に「いじめはないものと認識していた」と平気で言い放つ校長みたいな言葉ではぐらかす。

愛するクラブがわけのわかんないモンスターに蝕まれてる。今シーズン、チームのために粉骨砕身頑張った選手が戦力外通告を受けている。信賞必罰の原則にも合いやしない。

すりガラスの向こう側にいるモンスターはいったい誰なんだ?
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2010-11-29 00:26 | 横浜F.マリノス
出発直前に体調崩して、おとなしくテレビの前に座って国営放送見ていたら、ホームで死んだような目をしてた連中が別人のようにたくましく走り回ってた。

あー・・・なんだか。
広島戦三ツ沢の再来。でもいっか。9番が、25番が輝いたのがうれしいよ。

「人は変わるんだ。マインドを変えれば前に進めるんだ。」
テレビの前でぼーっと考えてた。そして千真と小野が並ぶ前線に頬がゆるんでた。

現地組の皆さん、本当におつかれさま。そしておめでとう。マリサポの声はミキサー云々抜きにして、雄々しく響いていました。カッコ良かった!

大宮戦には戻ります。なんとしても。最後にあの前線を見届けたい。来年の希望の二人だもんな。
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2010-11-27 22:56 | 横浜F.マリノス
b0038792_0462024.jpg

来るとこまで来ちまったけど。
東京に負けた。天皇杯を落とした。セレッソに負けた。そんなこと言い並べたってリーグは続く。どうせスタジアム行くのなら、そんな暗い気分にをすっ飛ばしてバカみたいに前向きになって行った方が楽しいに決まってる。

もう、「一つでも順位上げたい」って思いだけで十分なんじゃないかな。その思いをどこまで純度高く、折れることなく持っていられるか。あと、浦和に負けたくないって気持ちを今も持っているか。そこんとこをしっかり見つめ直して勝ちにいくしかないじゃん。

初めての連敗にしっぽ巻いて「もうだめー」って言っちまうか、踏ん張れるか。自分のプライドと戦ってもいいんじゃね?「消化試合」なんてフレーズ、簡単に吐くもんじゃないよ。

横浜はこんなもんじゃないだろ? なあ?
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2010-11-23 01:22 | 未分類
b0038792_1430293.jpg

勝ったね。4−1。でも何だかまだまだ「道の途中」って感じ。神奈川ダービー4連勝ってのはうれしいけどね。端戸くんが初ゴールを決めました。うれしいこっちゃ。(あ、ジローさんの2試合連続ゴールと兄ちゃんの通算50ゴールも決まったんだっけ!)

しかしあの狭いゴル裏に何本デカい旗が並んだんかねえ。スタジアムは???だけど密集具合はかなりよろしく、旗軍団もいい感じだったんじゃないでしょうか。あとはいろいろキツい状況でも旗持ちは旗を振り切ってなおかつでかい声出し続けることかな。ちょっと中だるみっつーか、声が小さくなったシーンはあったし。旗持ちは跳ねてない分、でかい声出して鼓舞せんとね。

次はFC東京戦。今シーズンの初戦のリベンジ。向こうは米本が帰ってきて微妙に勢いづいている分、キッチリ背中押さないと足元すくわれる。気持ち切り替えていこう!!!
[PR]
# by trico_dragon_no_9 | 2010-11-07 15:46 | 横浜F.マリノス