土砂降りの浦和戦。

こんなにも気持ちが昂ぶった試合は久しぶりだった。旗竿を握る手が「ぶちのめす」ってこと以外考えていなかった。
この試合は絶対に勝ちたい。勝ち点とか抜きにしてもこの勝負には勝たなければならない。勝って拳を天に突き上げたい。それしかなかった。
横浜を取り巻く出来事は世間で騒がれていることだけではないのだから。
b0038792_2345264.jpg
だから千真の笑顔も、兄ちゃんの雄叫びも嬉しくてたまらなかった。このピッチには共に歩んできた仲間がいる。それでいいのだ。

横浜の最大のストロングポイントは「積み上げて作り上げること」だ。ピッチにいる選手が昨年から取り組み始め、今シーズンも迷いながら築き上げたサッカーだったり、去年から、いや8.11から、いやいやもっと前の浦和戦から続くサポーターとの濃密な関係だったり。
b0038792_2353380.jpg
この歴史は続く。歩みが遅くてもいい。間違いのない歩みなのだから。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2009-06-23 02:37 | 横浜F.マリノス