長官室作戦会議

長官:さて、今年のわが無敵艦隊の陣容だが・・・どうだね。

副官:は!まだ今後も補強作業は続くものと思われますが、ここでゼロックスあたりの陣容を予想してみようかと・・・。

長官:うむ。見せてみよ。


            久保(大島)
      安(坂田)  

動虎         奥         田中

       
      那須         熊林

    
  河合      松田      中澤

          
           榎本


長官:うーん・・・新しい顔がちりばめられているけど・・・なんかもっと・・・インパクト欲しいな。

副官:わかってますって!刺激ですよね!


                 久保
      テベス  

            山瀬
         
       
      那須           田中
             奥

 動虎                    カフー

        松田      中澤

          
             榎本


長官:すごーいすごーい!ほんとにすっごーい!

副官:・・・そんなにお金払えないでしょ・・・


ほとんど何も考えてません。ノリと勢いだけの布陣ですw
イメージはミランのスタイル。まず、カフー親分がブーイングを受けながらもマリノスに参加。素直な謝罪と熱いキャプテンシーにサポも納得し、怒涛のキャンプイン。カフーの親分が昨年崩壊したダイアモンド4-4-2の何たるかを移籍早々メンバーに熱く語り、メンバーがその思いに応え、岡田監督いたく感動。
松田・中澤が「日本のネスタ・マルディーニはお前らしかいない!」とのカフー親分の激励に応え、松田がチャンピオンシップから続く「上がり過ぎないよい子のDF」を堅持する。

追って、アルゼンチンの風雲児テベスが「マリノスってアルゼンチンのチームだよね」とわけわからんことを言いながら移籍してくる。当たり前のような顔でFWに鎮座。だーれも文句言いません。ただ、久保とビミョーな緊張感を保ちつつコンビネーションは最強を発揮。(だったらいいな)

で、やってきましたお騒がせトップ下山瀬くん。「岡ちゃんだーいすき!」といたいコメントを発しながら合流。奥艦長、ちょっとムッとしながらもカフーの「ピルロになれ!」の一言に応える。

テベスを横目に坂田とジローが「インザーギ役は俺しかいない」と激しくポジション争い。
「おれはトマソンか・・・」と妙に納得しながらアン様このチームをいたく気に入り6月も移籍せず。

那須とハユマはその運動量でガットゥーソ・セードルフの役割を全うする。

大島も久保とのターンオーバーをうまくこなし、ぼんぼこ点を取りまくる。上野・遠藤といったベテラン、大橋といった未来を嘱望される若手が移籍組と健全なポジション争いを行い、マリノスのサッカーは一段も二段も高いレベルに上がっていく。岡ちゃんも燃える!

副官:ちょーかん!起きろって!

長官:・・・・夢か。(でもどっかがほんとになりそうな予感・・・)

   
   
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-01-05 02:43 | 横浜F.マリノス