10番の覚悟とマリノス05フォーメーション

どうやら山瀬は10番を背負うようですね。

彼が選んだ番号であるならばその覚悟に拍手を送りたい。そして彼を全面的に応援したい。
「横浜のキング」になるよう叫んであげたい。浦和赤軍民兵あたりにブーイングされたら最大の声援で支えてあげたい。横浜の10番に進んで手を伸ばした男を心から応援したい。

久保・アンと一緒にリハビリは「ハングルという言葉の壁」と「シャイなエースの言葉不足」でちょっと面食らうかも知れないけど、共にリハビリする中で何か通じ合うものを見つけてほしい。

そこで予想(妄想)フォーメーション。史上最強のトライアングルが完成するかもしれないのだ。
「奥より山瀬が上」ということではないので誤解ないように。奥を3列目に下げることで正確なボール配給元とすることにより、久保・アンといった強力FWの間からゴールを突く第3の刺客として最高の資質を持った山瀬が生きるのだ。

                妄想フォーメーション


                 安       久保
              (坂田・清水)  (安・大島)

                    山瀬功


            那須                遠藤
          (大橋・塩川)             (田中・上野)

                      奥
                   (上野・熊林)
        ドゥトラ                      田中
        (那須)                     (中西)
                 松田      中澤

                     榎本(達)



去年頓挫したダイヤモンド型4-4-2を今年こそ実現できるかも知れないような気がする。イメージとしては那須・遠藤が高い位置でボールを奪って奥がボールを落ち着かせ、縦パスで左右のスペースにボールを出してドゥトラ・ハユマがサイドを突いたりFWがDFをひきつけたスペースにキラーパスを奥が出して山瀬が突くパターンができれば最強。ぜひとも見たい。

問題は4-4-2を敷いた試合でいい結果を得た記憶がないこと。勝ち切れなかったり、崩壊した記憶が去年は多く、3-5-2が一番しっくりきているのが実際だろう。で、現実的な予想フォーメーション。


             現実的予想フォーメーション

              安          久保
           (坂田・清水)     (大島・安)

                  山瀬功(奥)
   ドゥトラ                             田中


              奥(那須・熊林)    遠藤(上野)


         那須        松田        中澤
        (河合)       (栗原)       (中西)

                    榎本(達)

マリノスの3-5-2のトップ下の仕事は奥が一番わかっているのでこのフォーメーションになるとおそらく奥をトップ下に持ってくるのが一番妥当な線なんだろうけど、あえて「10番」山瀬をトップ下に持ってくる。マリノスの中盤はポジションチェンジが強いときの武器なので神出鬼没で奥が飛び出す。ここに坂田艇長のような高速FWが絡めば大概のチームはばたつくと思う。
3バックは無敵なのでその前に遠藤・上野といったベテランがいればまず問題なし。代表で松田・中澤が抜けても大丈夫!(そうな気がする・・・)

すべては全員が故障から帰ってくることにかかっている。新年早々ドゥトラ大明神が手を骨折したというので心配でなりませんが、

目指すのは世界ですから!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-01-26 00:55 | 横浜F.マリノス