忘れてはならない風景。

CS優勝の歓喜から3ヶ月。僕らは忘れてはならない風景を再び目の当たりにした。

12月。たくさんの歓喜の風景をたくさんの人が目にし、手をとりあって喜んだことだろう。喜びを爆発させる松田。万感の思いこめて手を振るサンチョル兄さん。
b0038792_1264841.jpg

今日の風景。あの日のヒーロー、中澤が疲労困憊している。
今年の中澤はけっして悪くない。チームも総じては大丈夫なのだが最終的に負けている。

敗北感。これがどれほど人のパフォーマンスを損なうか。

中澤は疲労困憊していた。
中澤が最終ラインを鼓舞する。中西も悪くない。彼がいなかったらどうなっていただろう。栗原の成長も手に取るようにわかる。
では中盤が悪いのか。両翼のハユマ・ドゥトラはいい切りこみを繰り返していた。上野・那須のカバリングも悪くない。奥も一時期の不調をこえつつあるようだ。最後のワンピースは何なのか。

決定力ある久保・安・坂田といったFW陣。
最終ラインを鼓舞する松田。


こうしたことは「時を待つ」しかないのだ。焦って回復を遅らせることの怖さを俺たちは去年からの久保の不在でよくわかっている。

では、俺たちに何ができるか。
b0038792_1392995.jpg

深々と頭を下げる中澤。こんな思いをさせてはいけない。
今日、スタンドから大声で叫んだ。

「大丈夫。まだ間に合う。」

どこにいようがなんだろうが自分にとっての最大限の応援をしよう。こころからマリノスへ愛を注ごう。いつでもどこでも、俺たちは応援している。見捨てたりはしない。
だから、中澤。顔をあげてくれよ・・・。

僕は次の長居に行けない。テレビの前からになるけどパワーを送るよ。
ジロー、オオシ。お前らだってできるはずだ。信じているよ。
哲也、そして那須。自分を信じろ。自信がなくなったところが一番怖いんだ。

VAMOS!YOKOHAMA!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-03-10 01:52 | 横浜F.マリノス