心を一つに再出発!

b0038792_1514716.jpg

マリノスにとってのACL最終戦。
この試合をどう捉えるかがある意味サポとしてのリトマス試験紙のような試合だったと個人的には思います。しっかりと応援、サポートしてチームを勝たせる気概を持って試合に臨むか、高みの見物か・・・。

結論。
三ツ沢に集ったトリコロールの軍団は強い思いを胸に集まったと思う。一人一人、その応援スタイル、観戦スタイルの違いこそあれ、最後には一つになった。
みんなマリノスが大好きで、奴らが勝たないと人生が終わっちゃうのだ!
そしてそんな僕らの最高の薬は間違いなく、ゴールなのだ。勝利なのだ。

動虎神のゴール前、三ツ沢は間違えなく死にかけていた。眼前で繰り広げられているサッカー同様、応援もちぐはぐだった。

一発のゴールが空気を変える。動虎神のゴール後、客席の思いは一つになり、ピッチの攻撃もきっちりかみ合い始める。そう、僕らとマリノスは運命共同体だと言うことをあらためて感じた瞬間だった。

あんなにバクスタの拍手が大きい日はあったか?メインスタンドのトリコロールが一つに固まった日はあったか?鳴り止まない「アジアの歌」に込められたみんなの思いはただ一つ。

マリノスと一緒に来年もアジアを戦えるよう、今シーズンの残りをともに戦うということ。

チームはまだまだ、本調子とはいえない状態。でもたくさんの今まで見たかったものが見れた試合だったので、これが次につながっていけば強いマリノスは復活する!信じてる!
さぁ、中断期間終了後は一気に巻き返そうぜ!
b0038792_152312.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-05-26 02:02 | 横浜F.マリノス