チームに力を送れ!選手は「俺がやってやるって気持ちが大事さ」

b0038792_23134672.jpg

ひとりひとりの 気持ちをあわせて

たどりつこうぜ 最高の場所へ

戦おう!みんなで 横浜F.マリノス

俺がやってやる!って 気持ちが大事さ




長官:深いな・・・この歌詞。

副官:・・・全部支援艦隊にも、戦闘艦隊にも必要なことばばっかりですね。

長官:戦艦久保はまだ最大出力を出せない状況にあったが・・・支援艦隊から戦闘中に罵声が飛ぶようじゃな。

副官:支援艦隊隊規を乱すものがいるとは・・・支援艦隊の規律の乱れが・・・

長官:いや、規律の問題ではない。支援艦隊は「愛」なのだよ。

副官:愛?

長官:チームを愛する心。選手を信じ続ける愛。愛に基づく声援。これが支援艦隊隊員の心意気なのだよ。心意気のない者にもこの心意気を伝えなければ戦闘艦隊の支援は成り立たない。

副官:愛・・・ですか。
b0038792_2353825.jpg

長官:背番号9を見ろ。あまりにもさびしい背中じゃないか。これを堂々たる背中にするのは支援艦隊の熱い声援以外ないのだよ。

副官:そうですね。試合開始前のトリパラさんのダレ傘補給大作戦は艦隊の士気を大いに上げるものだったし、ハマトラがたくさんの人々の手によって配られる・・・総体としての愛は広がりをみせているもののいざというときの心意気が・・・。

長官:リストバンドにボンフィン、そしてTシャツ・・・艦隊への愛が強くなっていることは間違いなくそして広がっていることも間違いない。あとはこれを受け取った者ひとりひとりが「俺がやってやる」って気持ちをもって戦闘艦隊を支援せねばならんのだ。

副官:戦闘艦隊については・・・?

長官:・・・大橋艦長を呼べ!

副官:へ?

長官:いいから!

副官:(なんかこえーよ・・・)
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-07-24 23:21 | 横浜F.マリノス