チームも私もターニングポイント。

b0038792_100087.jpg


さて、明日はいよいよ日産スタジアムでのホーム戦です。そして久々の週末のホーム戦。
いろんな事情で最後の週末ホーム戦(vs浦和)以降来てない方も多々いらっしゃるのでは?

「なんだかねぇ・・・浦和のときもピリッとしなかったし・・・」
「いま11位なんだって?」

おいおい、そんなに簡単にチームを見捨てていいのかい?チケット山ほど残ってるよ。生え抜きの若きストライカー、坂田選手の記念すべき100試合目だよ。新しいビッグフラッグもお披露目だよ。

・・・といってもアレだな。諦めてる人は呼んでも切ないしな。

つくづく思うんだ。最近ホーム戦のスタジアムのスタンドは本当に青く染まってきた。ユニ・Tシャツを着用する人が増えた。いいことだと思う。

でも忘れないで欲しいんだ。それは本当に入口に過ぎないってことを。
「チームを勝たせるために、自分はどう行動するか?」を考えて欲しい。

ほんの1年とちょっと前。僕はスタジアムで座って観戦していた。パスの出しどころとか動きとか、家でテレビを見るときの延長線で試合を見ていた。
徐々に無敵になっていくマリノス。チャントもいつの間にか覚えていた。久保のゴールに感動して9番のボールストラップを買った。それまで「ミランの9番のいいストラップ売ってないかなー」なんて思ってたおいらにしちゃびっくりな出来事だった。そして9番の肩ゼッケンシャツを優勝まであとわずかの時期に買った。蒼く染まったのだ。

染まってからというものいろんな情報ソースに手を出した。勝ち続けるチームを誇るブログの言葉は魅力的だった。そんなソースを眺める日々。そしてしばらくして・・・
マリノスは急に勝ちきれなくなった。ドローの嵐。柏に負けて投石事件。なんだか暗い空気に包まれ始めた。
俺に、何か出来ることはないか・・・?そして出来たのがこのブログ。

その後チームは世間が一向にこっちを向いてくれずに赤い方に目を向けていたCSを勝ちきり、優勝も経験した。
さらに、もっと、高く・・・。今年に入っておいらはいつの間にか地方アウェイにも当たり前のように参戦していた。
たくさんの仲間と出会った。もう、オイラ一人の勝利じゃない。マリノスの勝利がみんなの願いとなっていった。

さて、話が大きく横にいっちまったが言いたいことはただ一つ。

このチーム状況で、「チームの勝利に何かしたい」という衝動に突き動かされるか、座して諦めるかで「あなたのサポ度」は計れるだろう。チームも一つのターニングポイントにいる。一緒にターニングポイントを迎えるなんて素敵じゃないか。

何かしよう。チームの勝利のために。そのために一生懸命考えてもいいじゃないか。
テキストもマニュアルもないよ。君の心がマニュアルだ。



素敵なスタジアム、一緒に作ろう。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-09-02 10:54 | 横浜F.マリノス