限りなく敗退に近い勝ち抜けから。

b0038792_10593716.jpg

読売の亡霊にやられっぱなしの今シーズンです。大宮で桜井に小林、ここで相馬と怪物。
怪物の役回りはホントはウチの誰かにやってもらいたかったんだけど、スペシャルのかけらもないウチは予定調和的な負け。気持ちが強いハユマとマイクがジローと絡んでそこにマグロンか突っ込んできてなんとかカッコついたけど出来は最悪。ある意味膿を出すためのショック療法になってくれりゃいいけど。

線審がアホなのかどーかは別としてセルフジャッジはいらんよ。馬鹿な審判はACLで山ほど見てきたんだからあれこれ言っても意味ないじゃん。足止めたとこでウチの負け。
それ以降が最悪。サイドは相変わらず簡単に抜かれるし、真ん中も怖がってさがりながらのディフェンスばっかり。ただでさえ縦の突破が好きなチームなんだからいいようにやられちまうわけで。

攻撃にしたってどう攻めようかイマジネーションが湧いてこないのかロングボールばっかし。それの受け手も来ること考えてないからトラップは大きくなる。ワシントンの電磁石のような足先との差はでかいね。
マイクはある意味いまのうちの戦術。「放り込みサッカー開始」の合図のように投入されるとやっとイレブンの動きがひとつのゴールへのイメージで動き出すって感じです。

b0038792_1139530.jpg

ここまではチームの話。
こんなに冷静に動きが見れちまうほどの状態でゴール裏にいた自分が情けない。一発決まった程度なら諦めるわけないけど3発喰らって放心状態だったのは事実。言葉は空回り、根性据わってない、もう最悪。
どこにぶつけていいかわからん怒りと悲しみの中で凝視することしかできんかった。

希望がないと闘えないのが現在のおいら。きっと「希望=攻撃のイマジネーション」なんだろうね。イマジネーションが感じられないと旗振りのキレも悪くなるし振れないことばっかり気になって声が出なくなっていく。後押しせにゃならんのに一緒になってダメになっていっちまった。
審判への必要以上のブーイングを諌めるエネルギーも何もなかった。

中断期間がありがたいです。少し立て直し必要。なんだか去年の浦和戦のあとの中断時並みに参っている自分が嫌です。

あーあ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-05-23 11:45 | 横浜F.マリノス