気持ちは見えた。

b0038792_2347161.jpg

でも、同時に明確な力の差も見えた。岡田さんの凄みも見えた。
それでもオイラは水沼さんに賭けたい。どん底のチームを救い上げるという誰もやりたがらない仕事をやってのけた人だから。もしアホみたいに来年の監督話をするマスコミのソースがフロントだとしたら言いたい。「恩を仇で返す糞野郎どもめ」

この地は自分にとって特別な地だ。アウェイだけどこの地でオイラはマリノスが優勝する瞬間を見ていた。真っ赤なバクスタの中にトリコロールむき出しの格好をして乗り込んでいった日を思い出す。その前には山瀬の凄みを見た場所だった。

山瀬のゴールが見たかった。それにはFW陣が頑張って敵をおびき出さなきゃならんのだけどおびき出そうとこねてるうちにボールを奪われてカウンターを喰らう。もしくはクロスが不正確でゴール前で行ったり来たり。ちょっとずつ、メンバーが移籍したりしてるうちに、そしてメンバーが年齢を重ねるうちにあの日のきらめきは失われていった。逆に浦和はあの日に足りなかったパーツを確実に手にしていた。

悔しいけど浦和はCSであたった頃よりも、昨年リーグ戦のアウェイであたった頃よりも優勝に最も近いチームらしい選手とサポーターの空気を持っていた(まぁ、イライラしやすく血の気が多くて気に気に入らんことは確かだけれど・・・ね)

少々長いスパンで見なきゃならないかもしれないけれど、「時間のかかる作業なんだ」と理解しながらチャンピオン復活への道を見ないといけないかもしれない。とにかく今は「希望」が欲しい。そしてサポ一人一人の想いが重ならないとね。

ま、今年はこんな感じなのかもね。
b0038792_0554953.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-11-13 00:57 | 横浜F.マリノス