若手、燃えよ。

久々のMTは東海大学との練習試合。
とにかく蒸し暑く、湿気を含んだ空気が体にじっとりまとわりつく環境での戦いは、夏本番での戦いに向けて必要不可欠な条件設定。8.11のコンディションがどんなコンディションになるのか、なかなか予想は立たないけれどもここ数日の夜の蒸し暑さはある意味目安になるかもしれない。
b0038792_2253619.jpg
メンバーとして目立ったのは松田。最終ラインからのコーチングは熱気を帯び、同世代の吉田へも「孝行!絞れ!」と鋭く飛ぶ。そんなくらいだから功治の位置に入った狩野への支持はさらに鋭い。
「動け!動け!」
「拾いに来い!」
トレーニングウェアが汗でびったり貼りつく環境下で「鬼軍曹」は容赦なく要求する。そんな中でも正確無比のサイドチェンジを展開したのが小宮山。長い距離のパスがぴたりと吉田に渡ったときは思わず「すげぇ!」とつぶやいてしまった。
b0038792_22161487.jpg
鬼軍曹松田に加え、哲也からも山ほど指示を打ち込まれる狩野。プレース・キッカーとしての凄みはある程度ついてきたがスペースを作り出す動きは暑さにやられたのか後手を踏む。試合展開は終始東海大側のエンドで進んでもゴールが入らないまま1本目終了。

2本目に入ってよっさんがサクッとゴールを決めたらそれが呼び水となったのかすぐにマイクも決める。そして「迷いの中」でもがく若者、乾が何度となくゴール前へ切り込む。
まだ、完全に吹っ切れないんだろう。ペナルティボックス内のゴールまん前でボールを貰うと足元が焦っているのが見て取れる。3度目の正直で右サイドを切り裂いて左隅にゴールしたとき、笑顔というよりは「やっとできた・・・」って表情で天野とタッチする様子が印象的だった。
b0038792_22324090.jpg
てっきり45分構成だったんで2本で終わりかと思って帰りかけたら隙間からゴールを狙う斉藤の姿が見えて慌てて逆戻り。すると33番を背負った日本人がいたので「誰?」と思わずカメラで追ってしまった。
b0038792_22415718.jpg
なんとなく、3本目を忘れかけたりして8.11前だってのにピリッとしない日だったけど、気合入れなおしていくよー!おまけはサイドバックで頑張る田代君。
b0038792_2246023.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-07-30 22:46 | 横浜F.マリノス