「ドローの鬼門」名古屋陥落。

b0038792_1892014.jpg
名古屋の瑞穂陸上競技場は自分にとって遠方アウェイデビューの地。
あの日はゴール決めてオーレーレーを長く引っ張ったら藤田にゴールされてそのままドローに終わっちまったんだよね。それ以降オーレーレーの回数自体が減っちゃったような気がする。
それから去年の豊田スタジアムもドローだったな。
とにかくアウェイの名古屋はいい印象がない。後でスカパーのインタビュー見たけどマツもいい印象もってないらしい。

ここで勝つことはまた一つ壁を乗り越えること。前節ではこれまでずーっとやられっぱなしだったフロンターレにダブルを喰らわすことに成功した。今節はこの「いい思い出のない名古屋」で勝利して勝ち点3を持って帰るっきゃないね。
b0038792_18201382.jpg
真っ赤に染まるグランパスゴール裏。ホームで痛い目に遭わされている分、今日は絶対こいつらを泣かせたくてうずうずしていた。でも浮き足立ったら負けるに決まってる。勝ちが続いてるけど「無敵だ」なんて思わない。勝利を信じて全力で応援するしかない。
前半は開始直後は何度がゴールを脅かしたものの徐々に名古屋の裏を狙う動きに翻弄され始める。藤田が抜け出してきたとき、一瞬一昨年の嫌な記憶が頭をよぎるもそのボールはゴールマウスから逸れた。同じ思いはしたくない。今日は勝ちたい。だから旗を振りまくる。

「前半はまったくだめだったなぁ。
名古屋の組織的な守備にばっちりはまっちゃって完全に名古屋のリズム。」
-byユージ

ダメダメに見えても名古屋ってこんな感覚に陥らせるチームなんだなぁとユージのコメントで振り返る。でも現場では後半で絶対やってくれると信じてた。早野さんもハーフタイムで檄を飛ばして韋駄天ジローを投入。あとでスカパー見たら遠藤さんが引いてしまうくらい早野さんは不機嫌だった。
b0038792_1845089.jpg
監督のメッセージは今のチームにはすぐに届くようでサイドへの展開が面白いように決まっていく。セットプレーから前線への上がりがいい感じに復活してきたマツが胸トラップ&ボレーで一撃。これで流れが変わる。

再三にわたるペナルティエリア侵攻にグランパスの最終ラインはあたふた。挙句の果てにクリアボールが味方に当たってオウンゴール。どうやらユース上がりの新人がやっちまったみたいだけど、現地では最初山瀬のゴールと信じこんでたよ。
そして小宮山の鋭いクロスに坂田が一撃!!前節川崎戦で功治にいいクロスを上げたサカティがいいクロスを貰いました。まさに「クロスは人の為にあらず」だね。

もうこうなると「俺たちが横浜」と「イダレオー横浜」の嵐なゴール裏。楽しくてしょうがない。すげー元気な横浜ゴール裏。一方赤まむしのような名古屋サポの元気はもマルケス登場にブーイングするものの長くは続かない。そしてホイッスル。

とうとう4位。あとは大宮と神戸に頑張ってもらわんとね。
b0038792_1941360.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-08-19 19:04 | 横浜F.マリノス