カテゴリ:Jリーグ( 32 )

b0038792_2133221.jpgJの最高年棒だってさ。トヨタさんはお金に糸目をつけませんね。
しかしあそこは目立つ移籍が多いね。開幕時のリネカーに始まりストイコビッチだ、楢崎だ、秋田だ・・・そして藤田。
(あ、監督にはあのベンゲルさんがいたんだよねぇ、そういや。)

んでもって生え抜きのいい選手を殺していく。小倉ぁ・・・。

今度の犠牲は中村さんですか?
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-06 02:19 | Jリーグ
もーあたまっからこのフレーズが離れず。

今日はどこを向いても(ってマリノス系ブログだけど)ウルトラオブリで持ち切り。
そんなこんなで今日も仕事だった長官はなにかにつけ「飛ばないやつはサガン鳥栖」が頭に浮かぶ。

朝一番。おばちゃん社員から欠席電話。いろいろ言ってるが前日も休んだけど医者言ってないとか。うーん・・・なんで?治す気ある?その先まで言っちゃうぞこら。

まったく・・・飛ばないやつはサガン鳥栖だぞ、こら。


なんだかんだですっ飛びまわる。上司がひょーいとあからさまに「やさしくないパス」をメモで放り投げる。うーん・・・なんで?受け手のこと考えてる?いい車乗ってんだろ、こら。

まったく・・・「飛ばないやつはサガン鳥栖」な上司だ。


帰り道、いろんな意味で憂鬱な存在になってきた友人にメール返信。ひとしきりダメ出しした最後に。

「アビスパ福岡のサポーター、ウルトラ・オブリの名言を君に捧げる。

『飛ばないやつはサガン鳥栖』」



これ、ガチです。恐るべきサブリミナル効果。ウルトラ・オブリ。
仕事してたんでとーぜん生オブリなんてみてません。はい。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-05-22 01:45 | Jリーグ
副官:ちょーかーん!今日のナビスコ偵察隊への出撃命令が打電されてないんですけど!!

長官:・・・っくしぃ!すつげくべいれいが・・・・っくすぃ!出せないのだ・・・!っくしい!

副官:へ?よくわからんのですが!

長官:この・・・ひぇーっくしょん!ぶじゅるる。ぼけが。

トリコロール飛行隊長:副官!今日は飛行隊も完全に全滅です!この天候のせいで偵察隊を編成することは不可能です!

副官:・・・こんな好天なのに。なんなんだ?

飛行隊長:全員花粉症にやられてます。補給隊はティッシュの調達にてんやわんやで・・・

副官:あーもう!今日は早いとこ仕事終えて帰りたいのに!まともな偵察隊はいないのか!

長官:さらさら・・・(紙に書いて)「きょうはスカパー偵察衛星使って調査」

副官:・・・・ダメです!

長官:「何で?」

副官:ゆっくりK-1とミキティ見るんだもん!

飛行隊長:ふ・・副官ミキティ好きだったんですか?

副官:あー!大好きだよ!悪いか!・・・早く帰りたいぃぃぃ。
b0038792_19295418.jpg


長官:「そんなに見たけりゃ情報早く集めろって」


今日の近所の耳鼻咽喉科は200%の込みようで・・・全員「へっくしい!・・・ぶじゅるる」状態。あんな光景ここ数年見たことありません。いや、初めてだな。

おっさんも昨晩から症状悪化でぶじゅるる。
フロンターレとヴェルディの一戦でも当日券で行こうかなぁ、なんて考えも昨晩のうちにすっ飛びました。

浦和のエンジンもかかってきたみたいね。それよかカズの3試合連続ゴールに「すげー」思ってました。播戸とのコンビネーションいいねぇ・・・。

・・・・ひぇっくしい!


b0038792_1940467.jpg副官:ちょーかん!情報は集めました!
    
スポーツナビ | サッカー|Jリーグ|速報・結果 ナビスコさー帰るよ!


長官:・・・・ふごひてんどとりあいだっだどね、べうでぃーとふどんたーでは。(凄い点の取り合いだったのね、ヴェルディとフロンターレは)
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-03-19 19:35 | Jリーグ
ミラクルで流してやろうと思ったよ。腹立ったけど。

でもあれが正当なゴールだとはね。もうJリーグはVリーグとの異種格闘技戦に突入するのか。鈴木チェアマンは猪木か?


なんだコノヤロー!


そーいうことか。
名門復活をさいスタと日産スタジアムで同時に高らかに宣言し、一大ドラマを展開しようってか?うーんこれはWWE的展開。

「チェアマンは私だ!いいか、あれはハンドじゃない!私が法律だ!やるなら這い上がってきあがれ!おれがチェアマンでいる限り、前U23代表監督とその受皿の現A代表監督縁のクラブは『配慮』してやる!」ってか


じゃあいきましょう。いきなり場内暗転して「ずーん・・・」ってアンダーテイカーばりに現れてアテネ戦士を育てた子飼いの監督率いるクラブやジーコの故郷クラブ倒しますわ。マリノスってヒール役得意なんだからね!

ほんとアリエナイくらい糞な審判だわ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-03-09 02:57 | Jリーグ
b0038792_20113367.jpg

エル・ゴラッソより―

23 福西崇史 6.5
的確なポジショニングで勝利に貢献。

…的確なパンチングの誤植ですって。

さて、他のチームを覗けばガンバが足すくわれたりアルパイ暴走の末赤軍が負けたり。
カズは元気そうで。ウチとのときは大人しくしてね。
緑は勢いづいてるし瓦斯爆発は起こるし…。
行く手がキツイほど、勝ちは嬉しいのさ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-03-07 20:11 | Jリーグ
b0038792_23465377.jpg
うずうずしてしまいます。
もう1年たってしまうんですね・・・。去年の3月、あのマリノスvsレッズの開幕戦を見なかったら今のおっさんはいなかったでしょう。こんなブログも書かなかったし、スタジアムに一緒にいってくれる「ジロー大好き」まめなサポ♀さんとも会っていなかった。

今年はどんな人と出会うんだろう。たくさんのサポーターと一緒に勝利を祈りたい。歌いたい。
すばらしい勝利をたくさんの人と一緒に喜びたい。

Jリーグ開幕からかなりの時が流れた。盟主も変わった。ゼロックスの負けは悔しかったけど、心のどっかで「ヴェルディ、ここまで戻ってきたね!」って気持ちもある。ぼくの心の中で、あのJリーグ開幕のときのワクワク感ってのはいまだに残っていて、あの頃のぼくのヒーローは間違いなくカズだった(!)そして日テレが言ってた「日本のエル・クラシコ」はやっぱりマリノスvsヴェルディと思うおっさんなのだ。「ブラジルサッカーのヴェルディvsヨーロッパスタイルのマリノス」そんな紋切り型のチームカラーの色分けが懐かしい。ヴェルディがその栄華を極めていてオフシーズンにミランと対決した頃。「もしかしたらヴェルディが勝つかも知れない」なんて幻想も抱いたりした。そのくらい、サッカーに関する情報はなかったのだ。

世代の交代をはじめて強く感じたのはいまやジュビロの人になってしまったけどヨシカツがマリノスの正GKとなったとき。「こんな若造がレギュラーなっちまうんだ・・・」なんて思った。

時は流れてマリノスも、ヴェルディもすんでのところで「降格」するかもしれないところまで下がった。その頃心の中に「日本代表」はあってもJのどんなクラブにも魅力を感じることはなかった。答は簡単、魅力的なFWがぜんぜんいなかったのだ。

やっぱりFWが好きなのだ。そして日本屈指のFWと韓国屈指のFWがマリノスにいる。そしてあのエル・クラシコの相手、ヴェルディにもワシントンという怪物が来た。浦和にエメルソン・永井・田中達也。G大阪に大黒。鹿島にはジーコから全幅の信頼を受ける鈴木がいて柏には日本代表のスピードスター、玉田がいる。昇格組のフロンターレにも我那覇という荒削りなストライカーがいる。そしてマリノスにもう一度目を向ければその我那覇と同じゴール数を挙げた大島がいる。はえぬきのスピードスター、坂田もいる。やっときたFW花盛りの時代。海外の大物ストライカーもいいけど我らがクラブのストライカーはそれ以上にいとおしい。

1シーズン制。やっと世界標準のゲームができる。同時に気が抜けない。気をつけないとあっという間に優勝の望みも消えてしまう、厳しいシーズン。

さぁ!たくさんの人を誘ってスタジアムへ行こう!スタジアムをトリコロールに染め上げよう!
2005年は間違いなく2004年よりすばらしいシーズンとなるはず!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-03-01 23:49 | Jリーグ
…補強大当たりじゃねぇか。
b0038792_19134468.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-02-26 15:46 | Jリーグ
Tokyo Verdy 1969

副官:緑軍の動向です!ベストメンバーに近い状態で大分屯田兵団と演習を行うも0-1の敗戦の模様です!

長官:・・・・みんな早く元気になってぇぇぇ!勝つっきゃないでしょ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-02-15 01:37 | Jリーグ

ナオが・・・ナオが・・・こわいよー!子供もお姉さんもみんな泣くぞ、これ。

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-01-22 15:28 | Jリーグ
スポニチアネックス サッカー 記事

赤いチームは選手のキャリアをどう考えてんだろ・・・。
長いようで短い選手生活、選手の納得できる選択肢を用意してあげるべきではないか。
なぁ、横浜にいる弟よ。・・・って話題の人は今日はなし!

ここのトピックの主人公は中田浩二。彼と明神くらいトルシエに愛された日本人もいなかろう。2002W杯本戦の活躍考えれば明神以上に愛されていたと思う。3バックの真ん中に鎮座した「バットマン」も考えてみれば森岡離脱のアクシデントから生まれたもの。

必ずフラット3の左側に彼はいた。この戦術をマルセイユでも実践しようとする呪術師がその最高の弟子を呼ばないわけがない。

中田にしてみれば降ってわいたような海外挑戦。大久保や松井といった若手のトライを見ていれば「自分も」と思うのは当然だろう。

今月末で契約切れ。であればステップアップを考えるのは人情。ましてや鹿島出身のジーコ監督が海外組を重用するならば「自分も・・・」と思うのは普通の流れでしょう。
(なんかジーコとトルシエがこの件で揉めたとか揉めないとか・・・)
トルシエもリザラズと揉めたりして「信頼できる愛弟子」を近くに置いておきたかったのでは?だったらチャンスやん。おもいっきり。

大事な選手生命。チャンスあげなよ、ほんと。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-01-19 16:27 | Jリーグ