<   2005年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

b0038792_051043.jpg俊輔の左足が強力なミドルシュートを放った。頭に浮かんだのはミランvsPSVでの印象的なゴール。そう、パク・チソンのゴールだ。美しい放物線を描きながらゴールマウスに消えるゴールは何度も見ているが、一直線に、そしてゴール前でドライブするシュートは俊輔の場合あまり見ていない。世界クラスの豪快なミドル。10番を背負う男は間違いなく、また成長した。
触発されるようにロナウジーニョがDFの人ごみを器用なボールタッチで駆け抜ける。いつも笑顔の彼の顔に笑顔はない。

10番の競演。かくも壮絶なもの。世界のまけず嫌いが好んで背にする背番号。この試合で二人の10番は過去の自分を乗り越える役割を果たし、結果を出した。

b0038792_1234356.jpg物静かながら俊輔も、中田の影に立ち続けることを良しとしなくなった。「前線でボールを支配するのは自分」といわんばかりのワンタッチプレイを見せつける。流れからのミドルシュートと同点弾を導き出すFK。すばらしい結果を彼は出した。
日本の10番の上には巨星とも言える7番がいる。常にリスペクトし続けた10番はこの大会で初めてこの7番に意見し、意見の後に見事な融合を見せた。シャイで長い前髪の向こうに表情を隠していた青年は凛々しい司令塔となった。

2002年。「3R」の末っ子のような存在だったロナウジーニョはいまやセレソンの攻撃のタクトを振る。彼の指揮下でアドリアーノが、カカが、ロビーニョが舞う。「もうロナウドもリバウドも過去のもの」と宣言するかのようなパフォーマンスでゴールに迫る。自らゴールしを決め、ロビーニョを操ってもう1点を引き出した。
セレソンの10番の前には才能あふれる超新星の7番がいる。この試合の中で、ロナウジーニョがはじめて先輩として後輩の活躍をバックアップした場面に遭遇したような気がする。偉大なる先人の10番と9番の不在の中、かれは名実ともに世界の司令塔となった。

2001年のコンフェデと同じドロー。しかしその内実ははるかに濃密で、世界を唸らせる内容だった。
来る2006年、この二人の司令塔の活躍が楽しみでならない。

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-24 01:27 | 横浜F.マリノス
b0038792_118068.jpgマイアミの奇跡から何年が過ぎただろう。あの日のメンバーがどれだけ消えただろう。
あの日の萌芽は確実に成長し、円熟の域に入るものと寂しくピッチを去る者、世界から遠くなるものと別れていった。

中盤の「強い意志」中田。まさに「円熟」の守護神、川口。今思いつくあのときのメンバーは数少なく、代表のピッチから消えた者も多い。中心選手だった前園の引退は記憶に新しい。引退こそしなくても、伊藤輝、城は本当に代表から縁遠くなった。

ただし、残りし者の個性、行動力は計り知れぬ力となって今日までの時代を生き抜き、このチームの核となっている。妥協を許さない「クレイジーなGK」川口は味方を叱責するコーチングや鬼の形相をやめた。

その前で味方が嫌がろうがどうだろうが、己の意思を強く打ち出す男として中田がいる。彼のコーチングは川口のコーチング方法が柔らかになるのと入れ替わるように激しく、「気持ち」をむき出しにするようになった。

そんな太い幹の真ん中に宮本がいる。
DFとして決して優秀だとは思わない。その能力だったら間違いなく松田がその位置にいるべきと思う考えは変わらない。ただし松田がその位置に入れない大きな役割を彼は背負っている。
世界各国に散っていた才能と、国内でその才能を貪欲に磨き上げる「これからの才能」の融合。ラインの上げ下げ以上のことを彼は背負っているのかも知れない。
(あまり認めたくないが、ここ最近それを強く感じるのだ・・・)

背番号7とともに戦い続けてきた小さなDF。今日はマイアミの奇跡の「第2章」を見せてくれ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-23 01:26 | 日本代表
b0038792_0185933.jpg実感のない、なんとも不思議な勝利。スカパーの再放送をもう一度見直してやっと実感がわいてきた。
マリノスの選手がいないことで少々テンションのあがらない部分があるのは確かだ。しかし、反芻してみるとなんと足技のみごとなことか。

一瞬のターンでギリシャの選手を置いていく。特定の誰ということなく、いろんな選手がそれをやってのける。「アサッテ君」加地のクロスの精度が徐々に高まり、「前線のMF」柳沢が「ストライカー」の顔を覗かせはじめる。悩める10番と自信家の7番のせめぎあいは「戦うパスワーク」に昇華されつつある。

ここに中澤がいたら・・・。

ここに松田がいたら・・・。

ここに絶好調の久保がいたら・・・。


チームの調子がいい分、愛するマリノスの選手が2006年のピッチにいるかどうか気になってくる。ジーコ嫌いでありながらそんなことを考える矛盾。世界を戦うときにマリノスの選手がいないのはやはり嫌だ。

「天賦の才」の集合体、セレソン・ブラジレイラとの戦いで「横浜の才能」が待望されることを望んでしまう。とことんわがままなサポーター心理。

そんなこんなで、複雑な思いの夜は更けていく。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-21 00:42 | 日本代表
b0038792_13595513.jpg

遅ればせながら・・・
俺たちの「ラ・ボンバ」、ユージボンバヘッド師匠こと中澤選手が契約延長!!!!!
ジョンファンの退団が濃厚になって以降、「もう誰も抜けてくれるな」と意固地になりつつありました長官ですがとにかくうれしい。

勇蔵が成長し、河合が活躍してもやっぱり中澤はいてほしい。キャプテン・マークを巻いた男がシーズン途中で抜けてはいけない。中澤はそれをよくわかっていてくれた。

俺たちの中澤と、7月からまた、夢を追いかけるんだ。

☆☆☆「☆」 この二人が揃った最終ラインがやっぱり大好きだ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-19 14:08 | 横浜F.マリノス
b0038792_13463211.jpg

エキサイトブログがしばらく死んでたので、いろんなことを書き忘れた気がする。その中でも今でも思っていることを。

俊輔が自己主張した。かなわないとハナからふんでたヒデに意見した。神様にも意見した。
こんなことで神様が「神様お気に入りメンバー」から外したとしたら神様は偽者になる。
俊輔、どんどん自己主張しろ。ピッチを自分のやりたい色に染める勢いで自己主張しろ。
きっと面白くなるはずだから。

10番と7番のイメージを共有するためにもこの自己主張は意味がある。7番の力強さと10番のひらめきが重なるとき。完全に機能するとき。きっともっとすごくなる。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-19 13:56 | 日本代表
b0038792_23391.jpg


こんな日が来ると薄々感じてはいた。ジョンファン、本当にありがとう。サンチョル兄さんと君のおかげでぼくは前ほどの偏見を持たないで韓国の選手を見ることができるようになったよ。

去年の1stステージ開幕戦。僕がマリノスのサポーターになるきっかけの試合、君は見事な先制ゴールを決めてくれたね。あの日まで、僕は君に悪いイメージしか持っていなかった。

「たいした実力もないのに『ヒデ以上』を語るビッグ・マウス」
「胡散臭いイタリア戦での勝利」
「Jを海外移籍までの腰掛にする思い上がり野郎」

そんな言葉が、ただの妬みでしかないことを一発のゴールでわからせてくれた。移籍して最初の試合でゴール。君は勝負強かった。

久保離脱後、君は怒涛のゴールラッシュを決めはじめる。圧巻の神戸戦でのゴール。僕はあのゴールを忘れないだろう。そして何よりも、1stステージ優勝を決定付けたのは他でもない君のゴールだった。
坂田との2トップも無敵だった。2ndジュビロ戦でのゴールも忘れない。

残念でならないこと。それは久保とコンビを組む機会があまりに少なかった。完調の久保と君が並ぶ姿をもっと見たかった。敵のDFがビビリまくるのをもっと見たかった。優勝を決めるピッチに君が立つのを見たかった。僕が夢見た無敵のマリノスの前線に君は間違いなくいた。

さらば、アン・ジョンファン。ありがとう、アンジョンファン。僕がサポーターとなる時と同じくしてマリノスにやってきたアジアのストライカー。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-14 02:18 | 横浜F.マリノス
どーも。世間がバルサとマリノス一色なのに仕事の長官です。

こんなに花火打ち上げ大会でバルサファンもマリサポも祭りですね…。

マジ行きてぇ…。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-12 17:00 | 横浜F.マリノス
Yahoo!スポーツ - ニュース - 共同通信

俊輔はどこへ行っても港町の子です。横浜からレッジョ・カラブリアへ、そして・・・ディポルティーボ・ラ・コルーニャ。(アトレティコ説もあるが・・・)
港町の10番。なんかカッコいい。
b0038792_23927.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-11 02:42 | 世界のサッカー
スポーツナビ|サッカー|FIFAワールドカップTM|ロナウドとの決別で生まれた新たなセレソン像(1/2)

b0038792_1593492.jpg考えてみれば、ロナウドも旬な時代を通り過ぎ、徐々に大物病にとりつかれてきた感があったことは確かだ。

セレソンはロナウドに別れを告げた。そこの席に着いたのはなんと、ロビーニョ。サントスのひょろっとした若造はもうこの位置まで来たのだ。武器は変幻自在のドリブル。

考えてみると今のセレソンは魅力的なドリブラーに恵まれている。ロナウジーニョを筆頭にカカ、ロビーニョ。こんな連中の真ん中に居座るのがアドリアーノ。魅力的すぎる。

アルゼンチンには完敗したけれどもこのセレソン、とっても楽しみだ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-11 02:03 | 横浜F.マリノス
b0038792_2351893.jpg

あるぜんちーな1号(キャリア組)
あの舞台で同じクラブの仲間3人と談笑する彼はやっぱり勝ち組。
b0038792_236504.jpg

あるぜんちーな2号(転職成功組)
やっぱり仕事場はブランドじゃないっす。自分にあった職場が1番っす。(リケルメ様談)

日本、まだまだ頑張らないと轟沈です・・・。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-06-10 02:43 | 世界のサッカー