<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

b0038792_1423752.jpgやっぱ1週間連続休暇とってその3日後にまた大阪は不可能・・・というわけでジーコのような会社に召集されてます。一説には累積警告で欠場とも。

バモな人なら突破だろうな。でもそこまで出来てないおいらは応援グッズ作って精進精進。mixi先行公開のハイパーL旗(全長2m)を作ってハートはバモモ!!

今日、ユースが優勝。うむ。いい流れだ。
思い起こしてください。プライマリーが2連覇決めた翌日のナビスコは勝ってます。
つまり若造に触発されてマリノスは勝っちまうのです。

・・・ホントはハートがギリギリすんだよ。スタメン落ちの「背番号12」じゃないかぁ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-31 01:53 | 横浜F.マリノス
b0038792_21282576.jpg

心の整理はやっとついた。いや、正確に言えば帰りの新幹線の中からすでに新しい闘志は燃えていた。本当に12番目の選手になれたような気がしていたから。

キックオフ前のスタジアム。アウェイのいいとこは知った顔が多いこと。それでも今年はアウェイの動員がグッと増えているらしい。平和な雰囲気のスタンド。芝生のスタンドはさながらウッドストックの会場のようだ。
b0038792_21383077.jpg


ガンバサポはなんだか・・・あそこまでチームが頑張ってるのに醒めてるってか・・・つまらん。
会場に着くまでにあったサポの数はホント数えるほど。あんな魅力的な攻撃陣、サポなら熱狂するぜ。(サポじゃないからムカついたけどw)

b0038792_2142573.jpg

試合の結果はあらためていう必要もない。3-2の敗北。でもFWが点をとった。
そして何よりも選手の背中に「戦うオーラ」がよみがえってきている。出口は近いのだ。夜明けも近いのだ。

ニヒリズムを決め込む奴はそれでいい。スタンドにも来ないで戦術論を展開する奴はそれでいい。俺は、いや、あのスタンドにいたトリコロールの仲間はみんな諦めちゃいない。

スタンドで精一杯の声援を送り、跳ね、旗を振るものは「12番目の選手」の中のスタメンだ。
最近、スタジアムにいけない日は悔しくてギリギリする。それはスタメンに選ばれてないような悔しさだ。

君はいつまでもベンチにも入れてもらえない「12番目の選手」でいいのか?
俺はいつでもスタメンの「12番目の選手」でいたい。だから戦うんだ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-29 22:03 | 横浜F.マリノス
長官:浪速の空の下で軍神にうまいケーキを食べさせてあげたいと強く願う長官です!!

副官:最近の長官のコメントは唐突過ぎてわけわからんのですが、何か!!?

長官:人生、つらいときの誕生日ほど悲しいものはないよな。

副官:そりゃ・・・そうですね。

長官:楽しいバースデーを期待してる直前に彼女に振られたとき。俺は世界のすべての人が敵だと思ったね!!

副官:何を豪快な独白をこんなとこでしてるんですか!!

長官:そんな直後の誕生日は鉛色の空を見上げながら、そりゃあ切ない一日だったよ・・・。ケーキなんてこの世からなくなれ思ったわ。

副官:だ・か・ら!!何でそんな「長官人生劇場」をここで繰り広げるんですか!?

長官:おまえ、軍神のお誕生日覚えてる?

副官:えっと・・・あぁぁぁぁ!!昨日じゃないか!!

長官:ひどい奴だな、お前。まぁ昨日は特別なセレモニーはなかったそうだ。

副官:ですよねぇ!パーティーの告知もなかったもん。

長官:ぶぁか!その席上での軍神のお言葉じゃ!

「意地とプライドを見せるんだ!」

「オレは絶対に投げ出したりはしない!」

午後2時の練習開始前。選手、スタッフが集結したロッカールーム内に岡田監督の大きな声が響いた。同監督は「ゲキ? そんなんじゃない」とかわしたが熱弁は10分間にも及んだ。「人間いつか死ぬんだから、1日1日を楽しんでやろう」といった表現まであったという。冷静そうな外見とはまったく逆、熱い訴えが繰り広げられた。


副官:(うわ・・・知らないじゃすまなそうな空気・・・)

長官:俺は次節までしか残れん。副官、お前はナビスコまで残れ!!そしてこのコメントの悲しみを勝利の喜びに変えて帰って来い!!

「誕生日という感じが全然しない。甘いものを食べる気がしない」-岡田武史


副官:・・・了解です!!

b0038792_2045596.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-26 20:48 | 横浜F.マリノス
b0038792_072620.jpg

思い出してみれば、このときの下馬評も圧倒的に不利だった。勢いづく真っ赤な軍団に囲まれた俺たちを勝者に予想するものは誰もいなかった。(2004年チャンピオンシップ)
b0038792_0213878.jpg

思い起こせばこの日まで、一つの勝ち星も挙げてなかった。下から数えたほうが早い順位に俺たちはいた。
(2004年1st第3節セレッソ大阪戦)
b0038792_026582.jpg
俺たちが急降下してるって?すべてはこれからの序章だよ。急降下して、笑ってる奴らに爆弾を落っことしに行くんだよ。
b0038792_0285162.jpg


トリコロールにプライドを持とうぜ。
泥だらけになっても前を向いて戦いに行こうぜ。
俺は死ぬまでマリノスが好きだから。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-26 00:37 | 横浜F.マリノス
b0038792_3173381.jpg

つらい試合だった。
さっさと気持ちの整理をつけるために今日の写真やら何やらを整理したが・・・

整理しながら思い出すのは安心してファインダーを覗くことが出来なくなっている自分。
ここのところ、ファインダーを覗いたとたんにインターセプトされることが多くて怖くて覗けないのだ。

今日の写真の出来で感じたこと。
選手に戦うオーラが感じられない。ハーフタイム後の円陣にも、戦う選手の背中にも、「戦い抜く意志」のオーラがないのだ。
だから、ファインダーを覗いてもシャッターに至れない。まるで選手がシュートに至れないことにリンクしたようにシャッターが切れないのだ。

心から勝ちを祈る。
もう一度歓喜を・・・。

追記:試合前のチアガールの子たちの方が「自分たちの凄さを見せてやる」ってオーラがガンガンに出てたよ・・・。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-25 03:28 | 横浜F.マリノス
b0038792_2343183.jpg

副官:長官・・・長官?起きてますか?

長官:・・・ん?起きてるよ。

副官:なんか・・・久々に怒ってましたね、今朝。

長官:・・・ん。なんかな・・・こんなことなかったんだけどねぇ。・・・今になって恥ずかしいね。

副官:ここ最近、ずーっと浮かれた長官でしたからびっくりしましたよ。

長官:松田艦長のことは信頼してるからなぁ。実際。それだけに「やる気なくした」なんて言葉が許せんかった。マリノスの3番=日本代表の3番になってほしいってずーっと思ってるところにそんなコメントして・・・。チームの若手にどう写るかも考えて欲しかった。

副官:そんな殊勝なこと、心配してたんですねぇ。

長官:そりゃな・・・。馬鹿騒ぎしてても艦隊の危機は避けなければならんし。

副官:・・・岡田軍神の仕事ですよ、それは。俺たちは信じて応援支援する。長官いっつも言ってたじゃないすか。

長官:ははは・・・少々不安になってたな。自分自身気力が戻りきってないところにあの話だからカチンときてなw

副官:今日、雨降ってましたね。

長官:ああ。ピッチコンディション、大丈夫かな?

副官:雨降って、地固まるですよ。

長官:・・・グズグズじゃねぇのか(笑)

副官:去年の1stの優勝時、覚えてます?

長官:そういえば、前日雨降ってたな。

副官:雨上がりの蒸し暑さの中で、艦隊は辛抱強く攻撃の機会を狙ってましたね。あんな強さ、見せてくれるかな・・・

長官:見せてくれるさ。信じるよ。

副官:・・・・その言葉、待ってたんですよ。

b0038792_22555170.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-23 22:58 | 横浜F.マリノス
 この日の紅白戦、横浜Mは5月途中からの4バックを、従来の3バックへ戻した。1-3で敗れ、岡田監督が「完敗」と評した20日の磐田戦の影響によるものなのかとの問いを、CB松田は即座に否定した。
 「あの試合はおれがやる気なくしただけ。おれだけのせい」 その試合、不運な形から開始1分で失点すると、背番号3は勝負を投げ出したように、DFラインと中盤の間を浮遊した。翌日、松田は岡田監督から個人ミーティングを受け、その姿勢を諭された。さらに自身いわく「尊敬する人」たちにも、「目標を失っている」と指摘されたという。
-カナコロ


ふざけんな馬鹿野郎!

簡単に「おれがやる気なくしただけ。」とか言ってくれるな。お前一人のやる気の有無でサポーターの夢をぶっ壊してくれるな。信じているサポーターがどう思う?

川崎戦に向けて「まぁ、見ていてください」なんて偉そうにのたまったらしいけど、お前がどんなにスーパーなんだか見せてくれ。
そんなことはないと信じたいけど代表に行けないからふててるなんてもってのほかだからね。
せっかくのポテンシャルをそのアホなメンタルが曇らせていることに気づかない限り、お前は日本代表の3番を背負えるわけがない。

若手じゃあるまいし、言葉気をつけろ。馬鹿ったれが。
b0038792_10565414.jpg

一番最初に頭下げなきゃなんないのはお前のはずなのになんで大さんのほうが深々と頭下げてるんだよ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-23 10:57 | 横浜F.マリノス
b0038792_21421343.jpg

朝からmixiに楽しそうなコメントが飛び交う。
バスで向かう人、新幹線で向かう人、鈍行列車で向かう人、先に乗り込んで現地情報をくれる人・・・。

僕はビッグフラッグのちゃりさんの車に町田のマリサポさん、なかやんさんと乗り込んだ。
SAで出会うトリコロールの仲間。みんな勝利を信じている。

すべてのシーンが楽しい。うれしい。
この思いを分かち合っている者は、現地に来れなかった人の分、勝ち点3というお土産を持ち帰るために全力で戦わなければならない。つくづくそう思う試合前。

現実はもう、話すまでもない。本当に悔しい。悔しさを分かち合うメッセージがmixiを飛び交う。
泥のように眠ったあと、サポスレを覗けば野次の話。

野次についてはいろいろな意見があるかもしれないけど、自分的には90分戦い終えるまで、そのエネルギーは選手の背中を押すものでなければと思う。かく言う自分もすぐくじけそうになる。そんなときに耳に入るのはコールリーダーの声なのだ。

水曜日、頑張ろう。ハイタッチ、しようよ。
こいつを読んで「頑張ろう」なんて思ってくれたひと、一緒に声を出して全力応援しよう。
分析や批判は90分戦いきってからでも間に合うから、ちょっとハートに飲み込もうぜ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-21 22:07 | 横浜F.マリノス
b0038792_383737.jpg
スタジアムに行けるチャンスに感謝しよう。
このチャンスを諦めなければならなかった人がいるのだから。

叫べる今日に感謝しよう。
叫びたくても叫べない人がいるのだから。

野次る前に背中を押す声を出そう。
その声でうつ向きかけた選手がまた、前を向くかも知れないから。
無敵のサポーターとしてどんなときも心をひとつに。
愛するチームを最強にするためにどんなときも大きな声を。
手拍子のリズムをみんなで揃えてミスした敵を焦らせろ!



リーグ戦再開。すべてが終わったとき、トップに立つのは我等のマリノス。

だからすべてが終るまで、スタンドに立てることに感謝しよう。

さあ、昇りつめるぜ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-20 03:08 | 横浜F.マリノス
副官:はぁ・・・山崎副艇長が大分に旅立ちました・・・。

長官:・・・匂う。

副官:へ?

長官:お前の屁ではない。

副官:・・・なんだよ!

長官:少し考えたのだが・・・FW補強は外人ばかりでなくてもいいわけだ。

副官:はぁ。そうですね。

長官:日本人の補強、あるかもな。軍神の教え子ルートで幡戸とか、吉原とか。

副官:えぇぇぇぇぇぇ!

長官:なんのソースもないが・・・FW5人じゃ戦えないだろ。後半戦考えたら。

副官:確かに。去年の離脱考えたら久保・坂田・大島・グラウ・清水だけじゃ・・・

長官:J2あたりから・・・来たりして。

副官:・・・暑さでちょっと妄想が過ぎますよ、長官!

長官:むーん・・・J2でいい数字出してるのは・・・

副官:(また戦艦収集癖がはじまったよ!)
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-08-19 02:12 | 横浜F.マリノス