<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

スポニチ Sponichi Annex 速報
b0038792_10472214.jpg

岡田監督の続投が確実になりましたね。いや、ほんとによかった。
就任と同時に2年連続のリーグチャンピオンに導いた監督がそう簡単に退いちゃいけません。マツをはじめ、那須や山瀬、ホントにたくさんの選手が恩義を感じているこの監督が来年も指揮を執るということは本当にうれしいです。

この写真を撮影した頃は連敗の真っ只中。選手から離れ、腕組みしたりうつむいたり。選手がサーキット練習での移動をだらだら歩いて動く様子に「ジョックで動け!ジョックで!」とハッパをかけるも、選手が応えてくれない。
帰りの車の窓からのぞく岡田監督の表情に不安を覚えた季節から1月半。まぁとにかく良かった。

じっくり、就任当時のようにチームを作ってほしいです。ひどい過密日程や、のっけから野戦病院のような選手陣容でシーズンを迎えることのないよう、選手・スタッフは全力でコンディションを整えてほしいです。たたでさえW杯イヤーなんだしね。

新しいクラブ練習場で岡田監督の姿をぜひ見たいっすよ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-30 10:59 | 横浜F.マリノス
b0038792_143077.jpg

ホーム最終戦にしてやっと90分旗を振り続ける術を見出した長官です。こんばんわ。おかげで写真がほとんど撮れず、トップの写真を門旗さんから拝借しちゃいました。

最終戦はteppeiさんの呼びかけで行われたヴィジュアル大作戦(マスゲーム)の準備に参加させていただきました。
まー「KING OF ぶっきー」な長官が手早く準備のお手伝いできるかしら?なんて思ってましたが始まってみれば参加された皆さんに助けられつつ、チアペーパーをくるくる巻いて準備できましたよ。
b0038792_1511920.jpg

正直びっくりしましたね。あんなにたくさんサポが集まって、うりゃーってな勢いでチアペーパー準備して・・・すごいじゃんマリサポ。
ちょうど1年前のアウェイのCSのとき。浦和の風船マスゲームを目の当たりにして、「浦和のサポってすごいなー」なんて思ってた次第ですが、マリサポもできるんです。・・・っていうかteppeiさんの熱意&行動力、超バモスです。そして中心になって動いてくださったfever隊の皆様、これまた超バモスです。
b0038792_233488.jpg

外ではマツさんが中心になってあやかちゃんの募金活動を展開してましたね。すごいや・・・。
なんてのかな、募金するまでの行動は起こせても、ああいった活動を根本からプロデュースしていく行動力はこれもまたまた超バモスです。
(いや、もっとたくさんの形容詞がつくんだろうけどいまは超バモスしか言えないだけです・・・)
あ、またTシャツ代払い損ねてたよ・・・マツさん落ち着いたときに払いますね。

脳内ぐるぐる・・・
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-28 02:23 | 横浜F.マリノス
b0038792_1027344.jpg

さーて、においます。ぷんぷん来てます。大阪臭・・・じゃなくて怒涛の爆撃の香り。
久保さん離脱はショックですよ。正直昨日やる気が25%まで低下しましたし。しかし、とあるサポの方の一言で復活しましたよ。

「大島がいるじゃないか・・・」

そうです大島です。鹿島撃沈の立役者、鬼ボレーの大島がいました。それも頭を温存したまま。ヘッド3発装填したまま大島がいます。

さー季節は寒くなってきましたよ。思い出しましょう、小雪降る長居スタジアム。
新シーズン早々やっばい空気前回のわがマリノスを救ったのは誰だ!?(「大島だー!」のレスポンスよろしく!)
怒涛のハットトリックを決めたのは誰だ!?(「大島だー!」のレスポンスよろしく!)
新型重爆撃機と持ち上げながら久保さんが帰ってきたら放置プレイしたのは誰だ!?(はい、長官です)
b0038792_10442771.jpg

まーさておき、大島がいます。もしかすると女房役の大橋なんかも出てきたりして・・・。どっちにせよ意気あげるピンク色の人たちには新横浜パフォーマンスで遊んでもらって何しにきたか忘れてもらいましょう。

そうそう、サポの皆さんは早めにスタジアムに行くこと!いろいろホーム最終戦は忙しいのですよ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-25 10:47 | 横浜F.マリノス
さて、今回はナビスコガンバ戦後のような応援のことや精神論ではありません。
先日の広島戦で思ったことをちょっと書いてみようかなと思います。

前節は約1ヶ月ぶりにわがホーム日産スタジアムに帰ってきました。あの日から再びコアゾーンは真ん中に戻り、僕自身も久々にハートのビッグフラッグが掲げられて非常にうれしかったです。

久保がゴールし、グラウがゴールし、PKまで決めて勝利した試合。もう、最高の気分でした。
あの場面を見るまでは・・・。

たくさんの心ある人がこれまでも声を上げて、呼びかけて、少しずつ良くなっていた試合後のゴミなのですがあの日は信じられない量のゴミが残されていました。リユースカップも放置されたまま・・・。もう悲しくなりました。

久しぶりのホーム戦で勝手を忘れてしまったんですよね?久々のホームの勝利でゴミに目が行かなかったんですよね?そう信じたいよ・・・
次回はマスゲームとかサポーター一人一人の力が必要で、ほんの少しながらその行動力を問われる物事がたくさん行われます。募金もそうですね。
日産スタジアムを愛するものとして、もう一度帰る前に身の回りを見ましょう。家まで持って帰るってわけじゃない。入口のゴミ箱まで行けばいいんですよ!

さぁ、次節はきれいな日産スタジアム、創ろうぜ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-24 00:00 | 横浜F.マリノス
b0038792_2342813.jpg

さて、予告は今回も当たりました!(久保のハットじゃなかったことはさておきなんですよ・・・)
鹿島、轟沈です。鹿島灘にその船体を沈めましたよ。あぁ・・・マリノスはやっぱり空気読みません(笑)だから楽しいし敵さんには「めんどくさい相手」なんですよ。

トップの写真は前節久保さんと交代したときのオオシ。いやー今日はきれいなボレーを叩き込んでくれました!(あんなすごいシュート、長官は練習でも見たことないんですけど・・・)
今回の久保さんが左足太ももの裏を気にしながらの退場ですっごく気になります・・・早急なケアを!強力な兵器にして繊細な精密機器のような久保さん、頑張ってくださいな。

しかし鹿島の苦しみようは他人事に思えませんでしたね。今回はビデオ感染・・・じゃない観戦とならざるを得なかったので食い入るように観てたんですが・・・

「フ ィ ニ ッ シ ャ ー い ね ー よ !!」

こ・・・これは点の入らないころのマリノスのようで・・・いやマリノスには品格がある!転んで審判に相手されるまで起きないなんて駄々っ子作戦(鹿島デフォ)なんかしたら岡田軍神激怒ですから!
まぁフィニッシャーのいない苦しさはよくわかるが・・・ジェフのときに感じたような「あぁ・・・ウチの動き完全負けてるわ・・・」なんて場面まったくなし。

他人様はさておき、わがチームなんですが今日はローテーションで大さんがトップ下です。神出鬼没の大さんはやっぱりトップ下に入ると一味違います。タメはできるしポジションチェンジも派手。ただそれをパーフェクトに90分やれるコンディションじゃないのがつらいのですが・・・
今日の最後の脚の状態はちょっと心配です
b0038792_2319382.jpg

さて日に日によくなるマグロン。とうとう点取りましたね!前線への抜け方がほとんどFWです。
新ジャンル「DMFW」を作りそうな勢い・・・本当にうれしかった。そんなマグロンも左の脚が痛いとのこと・・・あぁ心配だ。ついでに試合中のかっこいいマグロン撮ったことないし。
b0038792_23321379.jpg

さて、次はセレッソ戦です。新横浜パフォーマンスもあるし、トリコロールカラーをゴール裏に浮き上がらせるイベントもあるし、あやかちゃんの募金もあるし盛りだくさんですがやることはただひとつ!

セレッソ、泣かしてやろうぜ!!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-23 23:42 | 横浜F.マリノス
b0038792_1162530.jpg

久保が古巣を叩くとタイトルで宣言したらホントになりましたね。
嬉しすぎて酒飲んで大騒ぎして、昨日もがっくり疲れてましたよ・・・。でもこんなうれしい疲れは久しぶりだな。昨日Jスポーツで録画をみたらリーグ3連勝は今期初だそうです。ホントに久保は最後の、最大のピースだったのね。

しかしハユマのクロスも凄かったなぁ。ベッカムみたいなアーリークロスですよ。今年「クロスの精度が・・・」と言われ続けていたことが嘘のようなクロス一撃。
グラウもホントに生き生きしてましたね。やりたいことをわかってくれる相方をやっと見つけたかって感じ・・・。
b0038792_11135980.jpg

さて、次は鹿島帝国へ乗り込みますよ!(おいらは仕事が重なっていかれないけど・・・)久保さん・ロドリが恐怖の「空気読みませんゴール」を量産してくれるでしょう。何しろおととしハットトリック決めてるしね。怖いくらいにゴール!ゴール!ゴール!ですよん!
b0038792_11172248.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-22 11:18 | 横浜F.マリノス
横浜F・マリノスオフィシャルショップ TRICO POINT 2005年イベント情報
全腸管壁内神経細胞未熟症と戦うあやかちゃんを救う会

えーと・・・
こういうことにはいらないキャプションや載せた動機はいらないな。あえて呼びかけるなら、

「小さな命を救うことを少しでも考えたら行動しよう」かな。

トリコポイントで買い物をするとき、こんな記事があったなーって思い出してくださいな。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-20 00:29 | 横浜F.マリノス
b0038792_23483042.jpg

さて、今シーズンも後半。考えることはどこまで這い上がれるか。そうなると順位表でひとつ上にいる広島は徹底的に叩きたいのが本音。

広島戦・・・去年の1stのホーム以来ですね、この目で見るのは。確か平日のナイトゲームでした。退場者が出たけどドローに持ち込んだ去年のアウェイも、クマのピンポイントクロスをシオが叩き込んだ今年のアウェイもテレビ観戦でした。「アウェイで地方に足を伸ばす」って感覚、去年から今年の前半まではまったくなかったんだもんなぁ・・・。そうしてみると今年はホント、まぁまぁ地方にいくようになったんだなぁ。進歩、進歩。

さて、自画自賛してる場合じゃないんだよね。きっちり勝ちに行きましょうよ。去年の1stの対戦のとき、久保はピッチにいなかったんだよね・・・。今度こそ、久保の古巣へ恩返しゴールを見たいよ。
それより、きっちり日産スタジアムでの勝利が見たい。ヴェルディ倒したのが国立、ベガルタを粉砕したのは三ツ沢。前節は日本平のアウェイ。日産スタジアムのピッチでホームの勝利を見せてほしいし、俺たちもホームの空気を作ってきましょう。

さて、あしたはいろいろありますね。ちょいと入場前にやることが多いです。ホームの空気作りのために早めにスタジアムに行くかな・・・。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-20 00:06 | 横浜F.マリノス
今年の日本代表ほどわからない存在はないなぁ。
ドイツ行きの切符を世界で最初に手に入れたことはほんとならもっと喜んでいいはずなんだけどなぜか色々な「なんだかなぁ・・・」がついてまわる・・・。

去年が劇的過ぎたのかもしれない。マリサポの大好きな「ロスタイムの奇跡」が去年の代表には満載だったもんね。アジアカップなんか行く前は「どーでもいいよ、久保いないし。」なんて言ってたけどありえないロスタイムの連続に結構ハマってたし。

さて、今日は新ユニの公式戦デビューです。正直、どんなに凹ませてくれるユニなのか、覚悟して観てたんですが・・・そんなに悪くないじゃん。単体で見ると「背番号のフォントが・・・」「胸番号の位置が・・・」「うねうねが・・・」と文句たらたらだったんだけど、ピッチに立つと全体としては・・・ぼちぼちでしょーか。(え?甘い?)
b0038792_23113389.jpg

そんなユニを纏って最初のヒーローになったのは背番号32、ル・マンの松井!
いつも彼を見ながら伊藤美咲さんを思い出してしまうのですが、まぁ、そんなことはさておき彼がついに輝きましたよ!

松井のプレーで思い出すのが五輪メンバーでの股抜きパス。大久保に向かって相手DFの股を見事にスルーするパスを放っていたのを思い出しますね。
そのあとに「DFが足開いてるんで、『バカだなー』って思いながらパス出しました」的な発言をしたのが印象的。

そんな松井といいコンビだった大久保はいつ戻って来るのだろう・・・絶好調になった久保さんと2トップを代表で組むのは大久保が一番いいなぁなんて思ったりしてるんですよ。
スペイン行ってからしばらくその動きも、ニュースも見てないけど大久保どうしてるんだろ・・・?
代表でゴール決めてないのは痛いけど、結構好きなんだよなぁ。あの闘争心むき出しのスタイル・・・。
b0038792_23215746.jpg

こんなことを書いてしまうのも今日の代表FWに納得いってないからなんだろうな。高原は絶対9番の器じゃない。あんなに決定機はずしちゃ9番は背負えません。
9番は素直に久保さんに返しましょう。ジーコが嫌いだろうがなんだろうが、日の丸背負って行くからにはやっぱり久保に9番を背負わせたい。ほかに9番背負える奴、いないもん。
b0038792_2338123.jpg

グズグズのダラダラな代表戦のあと、なんかエントリーできるかなーってPCいじって出てきたのはやっぱり久保がらみか・・・われながら自分の文章のグズグズっぷりに笑ってしまうエントリーでしたw
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-16 23:38 | 日本代表
b0038792_2357848.jpg

またまた勝ち試合。天皇杯含めて3連勝。
久保の復帰がここまでチームを動かすのか。粘りを生むのか。

8月ごろのマリノスならずるずる負けていた展開だったと思う。サイドを突かれ、危うい場面に追い込まれ、哲也がテンパる。前半乗り切っても後半にやられるパターンだった。久保が前線にいることを除いては。

エスパルスはサポを含め降格圏内脱出に必死。ダンマクの悲壮感は選手にも届いていたのだろう。前半の展開は本当に水際で危機回避をするような状態。アウェイユニをマリノスの歓喜の瞬間を熊谷でしか見ていないおいらにとって、前半の空気はある意味「慣れたいやな空気」だった。

後半の始まりは驚きから始まった。大さんOUT→マグロンIN。マグロンの可能性を高く買ってはいるものの、「大さんなくしてドラゴン動かず」と信じるおいらには驚きの采配。さぁ、どう動く?ドラゴン。

相変わらずの一進一退が続く。山瀬の閃きはまだ他のメンバーに届いていない。鋭いパスをドゥトラの前にはたくも、ドゥトラの飛び出しが一瞬遅い。坂田と久保の間を一気に突こうとドリブルするが最後のところで抜ききれない。もう少しなのだ。頑張れ、兄貴。

その次のカードがグラウ。OUTは坂田。坂田よ、今日のお前は消えていた。何度か前を突いていたが「恐怖」を敵に与えてはいなかった。奮起せよ、高速魚雷艇。
グラウが入ったところで何かがつながった。ドゥトラ、マグロンの間にグラウ。前線で複雑に動く久保に呼応するグラウ。献身的なグラウの動きと久保の動きが連動する。
b0038792_0531489.jpg

左サイドに開いた久保が中へ折り返す。押し込むグラウ。歓喜の先制点。
思い出したのは3日の天皇杯。あのときグラウが決め切れなかったボールを押し込んだ久保が今日はグラウに絶妙なパス。正直、この二人が今の前線のベストな組み合わせなのかも知れない。

前半からテンパり気味の哲也がなぜかPKを与えてしまう。よく見えなかったが突然のPKに驚く。このとき久々に変な自信が自分に舞い降りる。
「必死に願えば、このPKは外れる」
確信めいた感覚を信じて哲也コールをする。蹴るのはチョ・ジェジン。今年のホーム戦でユキヒコのリベンジ・クロスを叩き込んで勝ち点3を1に減らした男。確信の前にこの男のシュートは枠を捉えられなかった。

長いロスタイムを経てゲーム終了。
久保は90分フルに戦った。そしてチームをつなぎ、フィニッシャーとしても活躍したグラウはチームのすばらしい触媒である。

マルキーニョスは相変わらず怖い存在だった。ジェフ時代もチームの前に立ちはだかった男である。しかしグラウと交換するか?と問われても、もうマルキーニョスを恋しく思うことはない・・・はず。グラウの頑張りとそれが導き出す結果はそう簡単に手放せないよ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2005-11-14 01:14 | 横浜F.マリノス