<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0038792_10453026.jpg

すごい超能力がついたわけじゃない。とんでもない破壊力がそなわったわけじゃない。
ただ間違いなく、ここんとこ、いや水沼マリノスはずっと見てなかった何かを見せてくれる。

鹿島との戦いのときから・・・いやもっと前からかもな。自陣から敵陣へ己を信じてドリブル突破していく場面をたくさん見ている。直樹なみに体がでかいからずっと直樹だろうとおもったドリブル突破&シュートが実は河合がやってたり。サイドの二人の輝きがまた戻ってきた。

今日は(いや、もうおとといだな・・・)大島が久々の一閃を放った。1分も経ってなかった。でもあの位置に突撃していくトリコロール軍団を見たとき久々に「絶対入るぜ!」って直感が働いた。
b0038792_10543033.jpg

ヤバイ場面が全然なかったわけじゃない。W杯の川口よろしく、哲也がゴールから飛び出してゴールマウスは留守になって本気でヤバイと思ったとき、そこには鬼神のように直樹が仁王立ちしてヘッドでかえしていた。

バンデーラ前の最前線で旗を振りつつ、絶叫の嵐。ここんとずっとだ。どっかで引き目線があったんだなーと過去の自分を振り返れる。今ならね。
b0038792_1113086.jpg

後半が始まってヨンセンのヘッドが叩き込まれる。一瞬鎌首をもたげる俺の「またか・・・」というネガティブ回路。考えてみると去年から名古屋からは引き分けばっかなんだよな。

なかなか中盤の組み立てが思うようにならないでいて、おいらはおいらで旗が強風で絡んだりするのを直しながらちょっとばかり眺めているおいらの背中に気合が入れられる。花子少佐だ。
「今旗振らないでどーすんだよっ!」
その通り。間違いねぇ。ここで振らんでどーするよ?なりふりかまわず再度振り始めた。で、そんなとき感じたこと。

「俺らが背番号12を託されてるのはこういうことなんだ・・・」って思いを強く感じた。
イレブンがなかなか攻撃を組み立てられない。苦しい。放ったボールが思いと違うとこに飛んでいく。そんなときにため息ついたりしてちゃ背番号12を背負った意味はないんだ。ましてや「使えねー」とかほざく輩はベンチ外。テレビ前行けっての。
がむしゃらに叫んだり跳ねたり、旗振ったり。共に戦うからこそ背番号12。眺めたとこで解説の皆さんがよく言う「ボールウォッチャーになってましたねー」としかいわれまへん。
イレブンがボールウォッチャーになっちゃまずいように俺らも戦わんとね。

そんなことを一瞬のうちに頭ん中で考えながら前を見ているとドゥトラが、ハユマが、山瀬の兄ちゃんが、直樹が(笑)突撃してくる!一心不乱に走り続けている。
きっとそんな迫力にビビッたんだろう、楢崎がはたいて飛び出す。でネットが揺れた。
あとで見るとハユマが翼君になってたっつー感じのシュート。すげー。
b0038792_11213987.jpg

b0038792_11272860.jpg

そんなイレブンとともにどんどん上に上がっていくよ。現在7位。満足なんかできやしねー。
全力で上に行くよ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-09-25 11:27 | 横浜F.マリノス
b0038792_21216.jpg川崎戦以降。いろんなことがありました。まずは福岡戦。こいつに参戦できなかった。
まーすさんだすさんだ。俺らサポが変わろうとする瞬間に立ち会えないことへの苛立ちや何よりも久保さんの芸術家肌ゴールを生で見れなかったこと。いろんな意味で久保さんは解放してたな、自分を。
暴れっぷりが凄かったのか一発レッドの2試合欠場。痛いわー。




b0038792_24485.jpgで、兄ちゃん。これまでにないパターンのトリコロールの10番を本格的に演じてくれている。あの2004年対浦和戦のゴール裏で戦慄した頃の兄ちゃんだ。うれしい限りだった。
そして何よりも坂田が「らしいゴール」を決めたこと。去年はゴールを決めても誰かの模倣のようなゴールだったけど、やっと生まれたゴールは彼の彼による彼らしいゴールだった。

仕事場近くの九州ラーメンの店でささやかに勝利を祝った。そして現地組のみんなのうれしそうなメールや日記。さぁ、突き進むよ!何よりも次の鹿島戦で国立行きの切符を手にいいれるために。

b0038792_2103946.jpg

俺たちのトリコロールは久保さんを欠いていた。地元で大暴れしちまったために久保さんはそこにいなかった。でもね、負ける気がしなかったんだ。間違いなく俺らのトリコロールは水沼監督のもと、進化し続けている。

どんな場面でも走り続けていた。やる気のないような、諦めたような姿を見ることが決して少なくなかったイレブンが最後まで走りまくっている。向こうの自陣からこちらの敵陣へ、何度全力でドリブル突破してきたか・・・。

2-1 。
実はおいらが参戦した鹿島戦で負け試合はない。これはこのナビスコまでで全6試合。
その間の負けはいけなかったときのアウェイだけ。この記録は守られたけど・・・国立への切符は指の間から落ちていった。というのも何かの拍子に爪の際の部分を傷めたらしく、流血してちょっと気にした瞬間に柳沢にやられたから。ワールドカップのあさってゴールが嘘のようなヘッドだった。
でも松田の魂の反撃。なぜだろう?最近の松田の上がりには以前のような暴走を感じないのだ。キャプテンマークが、何が何でもチームに勝利をもたらそうとしてるせいなのか・・・。

俺らの国立の夢は元旦までお預け。合言葉は「国立であけましておめでとうって言おう」
水沼マリノスはまだまだ強くなる。

あしたの名古屋戦、続きの絵をみんなで描こうぜ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-09-23 02:28 | 横浜F.マリノス
なんだかな。今日は休みだからブログ書き込んだ後にここんとこの記事を読み返す時間があったりなんかする。

俺、何のために応援してんだろう・・・横浜F.マリノスが何よりも大好きで、できる限りの努力して都合つけてスタジアム駆けつけて・・・でもなんだかここんとこの記事は怒ってばかり。
怒るのにはわけがあるんだけどさ、そのわけに敢えて目をつぶってよかったことを思い出そうと思う。
b0038792_238225.jpg

まずは・・・ランサーズ。大好きなんだよwwリアル・ダンドリ!(関係ないが榮倉奈々も加藤ローザもかぁいいなw)
よこしまな心まるだしで「ランサーズ(*´д`*)ハァハァ 」言ってますが・・・やっぱね、わかるんですよ。
曲がりなりにもバンドマンやってた人間としてどんな形であれオーディエンスの前に立つのは期待と緊張の頂点で、その頂点から「yes! 」って言い切れることをやった後は気分いいし、加えてオーディエンスの反応がよけりゃブースターがかかったみたいに有頂天なんですよ。ましてや新メンバーお披露目なんかになると・・・ね。
b0038792_2322541.jpg

でも・・・あの日。ランサーズいつになくマリサポの目線から外れてた・・・ってのもキクマリの取材がそのタイミングでゴール裏に来てたから。残念な気分になっちまったかなぁ、ランサーズ。
でもね、俺らみんなランサーズ大好きだぜ。いつもニコニコしてて、まさに「チア」だね。

俺らの応援もF.マリノスを勇気づけるためのもの。やれ政治だ、まともに応援しない輩がどうだ言う前にもっと基本に帰ろう・・・っていってもあの自民党云々の件は怒ってるからね。
姿勢は基本に返ろうってわけ。
b0038792_2329378.jpg

俺ら、ランサーズと一緒に応援しまくるもんねー!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-09-12 23:33 | 横浜F.マリノス
やっちまったなぁ、おい。
本当にどういうつもりだよ。気づかなかった自分の目の節穴ぶりにも腹立つ。
フラッグを十分に心置きなく振れないホームスタジアムってだけで十分腹立たしいのに・・・ここはいつか自由民主党から助成金でももらってスタジアム名も「自由民主スタジアム」になりたいらしい。
b0038792_21554188.jpg

今年の磐田の胸スポンサーが「飯田産業」で「あー・・・サポ置いてきぼりやなー」思ってたが、いつかおれらのユニの胸に「自由民主党」とかがででーんと出たら最悪やな。洒落にもならないよ。

で、一番気に入らないこと。今日の今まで、ネットがここまで騒がしいのにフロントはだんまりを決め込んでいる。実弾握らされたか、おまいら。スポーツ振興とか適当な名前付けていらん金握らされちゃいないだろーな?来年あたり「〇〇先生の多大なるご尽力により、ヨーロッパが誇るクラブ、FC×××よりロナウチェンコ選手を獲得することができました」とか、んなニュースいらねーかんな。

それからMM21のネームプレートにひときわでかくて質感のいい金属で彫り込まれた議員先生のネームプレート見つけたら、その都度ハナクソつけてやろーか。
そのくらい、怒ってるんだよ。ダンマクを引きずり降ろされて、痰を吐かれたときと同じ気分・・・いやそれ以上だ。だって身内、それもフロントがやらかしたことだからな。

自民党のノボリオッケーで俺らの大旗はいかんの?極論だけど言っちまうよ。
そんな一政党のプロパガンダにはいくらでもトラメガ使っていいんだ?糞喰らえ。サポを追い回してやることは政治家の先生のよいしょかよ。

堕ちるとこまで堕ちたな、ひだりん。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-09-12 21:56 | 横浜F.マリノス
b0038792_184290.jpg

鹿糞との水掛け論はもう飽きた。昨日のことを言うなら川崎はあそこでこける前も散々こけて散々ジェスチャーしまくってタッチライン出ればぴんぴん元気だったってことの連続だった。
そんなこけ方見続ければ川崎のコケはフェイクだって思って普通だよね?それだけのこと。

いろいろあってなかなか語れなかった。心静かに、語りたいことだった。でもNo.8を取り巻く事柄は心を安らかにすることはないだろう。
俺たちのマルシオ、マグロンは母親の病気の看病のためコリンチャンスへ期限付き移籍をした。今年のマルシオが神だったことは言うまでもない。No.8はいつも威圧感と、鈍い輝きと共にピッチの上に君臨し圧倒的なボールキープを見せつけ、なおかつゴールした。3月の鹿島アウェイでのマルシオはいとも簡単に鹿島のフィールドプレーヤーを弾き飛ばし、また絶妙な弾道でFKを決めた。

昨年度悩み続けた天才。しかし極東のサッカーを馬鹿にすることなく自分のスタイルに取り入れ見違えるプレーを見せてくれたマルシオは間違いなく僕らのヒーローだった。しかしそんな彼も軍神岡田の離脱に伴いチームを去ってしまった。

昨日のような、そしてナビスコ鹿島アウェイのようなタフでダーティな試合で活きてくるのが彼のようなプレイヤー。中澤はまだまだワールドカップ症候群を引きづり、栗原にはここ一番の詰めの甘さが見られる。その一列前に彼がいたら・・・そう思わずにはいられない。
b0038792_1264913.jpg

そして昨日、同じ背番号8を背負い2003年と2004年の優勝の原動力となったユ・サンチョルが俺たちのホームに帰ってきた。久しぶりのサンチョルコール。このコールを叫んでいたころ、俺たちは間違いなく無敵だった。
忘れもしないナビスコレッズ戦。彼はジョンファンと共に代表への合流を遅らせて参戦し、激しい肉弾戦の末、アルパイのアタックで肋骨を折ってしまった。日本代表組が早々に離脱しているのに残り、負傷したサンチョル。彼がボランチにいれば負ける気がしなかった。

そんな彼への想いを込めたコールの後試合は始まった。
多く語るまでもない。中澤はワールドカップ症候群の真っ只中。上野の欠けたボランチは構成力がない。山瀬兄と大さんがそろっているうちはまだイマジネーションが垣間見られたが大さんが下がってからというもの、苦し紛れのプレイが続く。そして失点。

そんな中フラッグを振るおいらにまたシミスポ経由でクレームが来た。「見えない」だと。よくよく聞くと隣で振っている仲間の大旗も邪魔だという。屋根下の皆さんがフォローしてくれて応援は続けられたが、そのクレーマーはどんなことを考えてスタジアムへ来ているのか?
ゴール裏で戦ってないのか?試合をじっくり見たいなら2階なりバクスタヘ行って欲しい。少なくとも背番号12を与えられている意味を有意義に考えられないようならゴール裏にはいらない。
背番号12は飾りじゃない。与えられた限り、その背番号に恥じない行動をしなければならない。本気で跳ねて歌って旗を振る意思がない限り、背番号12のスタメンからは外れて欲しい。
自覚のない背番号12がいる限り、横浜ホームのゴール裏はどこのアウェイのゴール裏よりもアウェイだ。そんなホームはもういやだ。

そして昨日の負けを軽く流している輩。「相性悪いんだよねー」で済ませている輩に言いたい。
昨日来たサンチョル兄さんがピッチで戦っていた2004年、奴らはJ2だった。
そんな奴らにやられている事実、やられ続けている現実に怒れ。
それとも何かい?もう白旗なのか?だったらスタジアムに来るな。臆病風は伝染するから。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-09-11 01:57 | 横浜F.マリノス
b0038792_0333033.jpg

えーとね。ぶどうの国のバレー君たちにルンバ返しして気分良かったんだけどさ・・・
かなり腹が立っていたよ。今日になっても冷静な文章なんて思い浮かばないしさ。加えてその現場に居れなかったからね。奴らは鹿の糞。人でもなく馬鹿でもない。鹿の糞。
日本語通じません。通じるのは「あしゅけー」だけだからさ。だからオシムにも呼ばれないんだけどね。で、気分悪いからルンバな。次はルンバ。これお約束ね。

あれだけ汚いプレーを世界レベルだって言い張る鹿島のうんこプレー英才教育ぶりには脱帽だね。鹿島あたりの少年サッカーの試合では流血もほっぽらかしなんだろーな。ある意味虎の穴だな。

うちらもうちら。ACLで香ばしく臭い立つような糞審判いっぱい相手にしてきたんだからさ、糞をあしらう手立てを見せてくれよ・・・っても流血吉田に落ち度はないから。とめない鹿人が中国人並みなわけだからさ。
・・・あ、そうか。鹿島の世界レベルって中国のCリーグとかあの辺の汚さと同等ってわけね?アウトゥリオさん?
b0038792_0475061.jpg

で、ハユマと山瀬が帰ってきます。週末は糞クラブ川崎支店との対決。関塚仕込みの糞クラブスタイルは今や本家以上だからさ。気合入れて行くよ!!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2006-09-06 01:16 | 横浜F.マリノス