<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0038792_274931.jpg

マツへ
そんなにへこんだ顔するなよ。どーしたんだい?
まだホーム最終戦のこと、引きずってるの?誰ももう、あの日のことは怒ってないから。

ファン感の日、えらく気になった選手の一人、松田。去年は岡田さんに盛り上げ役を命じられ、すんげー元気だったのになんだかいつも並ぶ列は下がり気味。前に出てもうつむき加減。

お前が熱くなんなきゃ、始まんないんだよ。
いつもチームのために闘志を燃やす男。それが松田。だから凹んでると心配なんだ。

でも、聞くところじゃ鈴木を気遣ったりしてたんだって?らしいじゃん。らしくていい。
考えてみりゃ2002年W杯の盛り上がりのど真ん中にいた男が二人いるわけだ。絆を深めてあの感動の日をすべてのホーム戦で再現する心意気でいればいい。

だから、顔を上げてがんばれよ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-31 02:19 | 横浜F.マリノス
長官:いやさー、わしが午前様なるのにも意味があってだな。自分の原点である横浜無敵艦隊をきっちり見つめなおそうかと。そんなところにこの会の開催のお知らせではないか。行くしかないのよ。

副官:たしかにここでいろいろとお世話になってるし、たくさんの人と出会うきっかけになってますものね。

長官:うむ。そしてだ。この地を放置しまくりの自分に新たな息吹を吹き込んでくれたよ。
b0038792_1443636.jpg

副官:たしかに。さまざまなことがあって遅筆になってましたね。

長官:ファン感でな、「最近更新さぼってるでしょ!」っていわれて「あー・・・見ててくれる人がたくさんいるんだなー」と素直に思った。

副官:こうやって受賞される方々は貫いてる何かがあると思いますよ。うん。

長官:まぁ、心のままに書くのがここだからさ。わしがなんか貫くってのも気恥ずかしいや。

副官:で、新たな出会いはあったんですか?

長官:Dr.コロンという科学者にあったぞ。

副官:あ、「a la carte研究所」の方ですね。

長官:わが艦隊の生物化学研究室にお呼びしたいものだ。最強のDNAの組み合わせから最強の前線、中盤、防衛線、最終防衛線の担い手を作り出す・・・

副官:・・・うちはショッカーじゃないです!!!


てなわけで、nariさんの細やかな心遣いと仕事ぶりで開催されましたこのFMBH Award2006、本当に楽しゅうございました。つか、モチベーション上がるね。と同時にエロサイトのトラックバック端から消してきれいにしなきゃww
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-30 02:01 | 横浜F.マリノス
副官:長官の朝帰りがまたはじまったのか!?

通信士:いや、0100には帰還されましたが・・・またタクシー乗ったそうです。

副官:ほんっっっっとにバカだな!防衛費が削られてるってのに。

長官:うぃーっす。気分いいぞぉ。皆の衆はいかがじゃ?ん?

副官:長官!無駄な公費の使用は・・・

長官:無駄じゃないぞ!いやー、今年最初の艦隊閲兵だったのだがいろいろ楽しかったのだよ。わしの一押しはこれじゃ!
b0038792_164348.jpg

副官:な・・・那須艦長。この会心の笑顔はどうしたんですか?

長官:やるやつだと思ってたんだよ。ほんと。このはっちゃけぶり、最高じゃないか?

通信士:NHKには嫌われますな(笑)

副官:・・・いいのかなぁ。

長官:で、これ。
b0038792_1105476.jpg

副官:お、ベオグラードの赤い星、鈴木さんですね。

長官:支援艦隊の隊員は呼び方に皆困ってるそうだ。「師匠」「すーさん」・・・「ゲンク」

通信士:ゲンクorz・・・

長官:俺的には師匠でいこうかなーと。一番呼びやすいから。でもね、期待してなくて言ってるんじゃないんだ。あいつが「もう一度夢を見に来ました」って言うから一緒に夢を見ようと思ったし最後には現実にしてやりたくなった。奴らしく、「9番」を勝利のために演じればいい。だからユニは9番で行こうかと。あとセクシー19番

副官:あ!ずりーよ!おれそれにしようと思ってたのに!

長官:やーだよ!・・・でだ。キャプテンボンバーも前回のキャプテンとは違う気持ちでキャプテンに取り組もうとしてるぞ。
b0038792_1225926.jpg

副官:・・・またこれですか。

長官:いいんだよ、いいんだよ。ほんと本気ではじけてた。殻をやぶろうとしてたってかね・・・

通信士:2005年はキャプテンやってそのプレッシャーにつぶされてた感じだったけど大丈夫そうですね。

副官:まぁ、それならいいけど。しかし婦女子の盛り上がりは凄かったでしょ?

長官:そりゃ盛り上がるでしょ。夢に出るんじゃない?

副官:でも長官・・・これだけでタクシー帰りするわけないでしょ?

長官:そーなんだよ!お世話になってるFMBHの「FMBH Award2006」に行ってきたの!!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-30 01:34 | 横浜F.マリノス
b0038792_1421711.jpg

副官:ちょーかーん!目覚めてますかー!

長官:うひひ・・・乾くん・・・・セクシーやぁ

通信士:・・・相変わらず壊れてますが。

長官:うらー!くぼー!なんでー!うおー!

副官:仕方ないだろう。大鑑巨砲主義の長官から久保を抜くってのは死ねというのと同義語・・・

長官:でわありません!!!!!!

副官:でぇあーっしょ!びびるじゃないすか!急にまともになって・・・

長官:新戦力についてだが・・・これから新たな戦闘をくりひろげる上でたっぷりの可能性がひつようなのじゃ!そんななか、くしゃおじさん顔のエウチーニョ、石原君、んでもって若き中盤ジゴロ、セクシー乾と十分な戦力を得た!!!!!

副官:・・・空元気ですか?

長官:あのな・・・問いただすな!新たな9番師匠・・・いや鈴木は強力な多目的戦艦なのがわからんか!

通信士:赤い星から来たこの男、どう使うんですか?

副官:大砲としての能力は・・・尻が利き足って感じですが。

長官:ふっふっふ。わかってないのぉ。彼は巨大発射台なのだ。ミサイル艦山瀬のミサイル、セクシージゴロ乾ミサイルの精度を高める絶好ポイントに発射台を設ける力は最強なのだ。

副官:・・・無理あるなぁ、その元気。

通信士:いや、何もない男ならあのストイコビッチがベオグラードまで来させることはなかったでしょう。

長官:今日は閲兵式だ!とにかく戦力の船出を祝おうではないか!

副官:了解!(・・・ってもこんなまともな長官、不気味だよぉ・・・)
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-28 01:43 | 横浜F.マリノス
b0038792_1504355.jpgもうかなりの時間がたちました。久保との訣別は・・・表向きできたかな?ロートルで故障がちな彼には辟易してたんだよ・・・と嘘をついてみる。
でもまぁ、いつか終わりは来るものでそれがたまたま今年だったわけで。でもね、サンチョルや奥やジョンファン、さらにはドゥトラやグラウの時みたいに「ありがとう」なんて言えないね。
とことん、バカヤロウと叫んでやりたい。どんだけサポ待たせたんだよ?引退を考えてた男が帰ってきた時のみんなの喜びなんかどこ吹く風だったんだね。

で、やってきました鈴木さん。名門レッドスターからのお客様です。でもあんたが9番背負うのなんてまだ許さんから。スカウティングデータが6年前くらいのデータでマリノスさんは動いてるんでしょうかね?
ま、トリコロールに袖通す覚悟決めたことには拍手。でも結果残さないとついていかないよ。頑張って「鈴木の背番号のユニが欲しい」といえる選手になってください。

主力選手の契約更改に感謝。それだけ。ワクワク感は乾のみの07シーズン始動前、空の青さが寒すぎる。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-20 02:12 | 横浜F.マリノス
b0038792_0441499.jpg

スタジアムに通うようになって3年が経つ。
うれしいとき、悲しいとき。たくさんの季節を共に過ごした。その中に「9番」を背負った竜がいた。
とてつもなく凄い奴だと思わせたかと思ったら長く雲の間に消え、もう戻らないのかと思わせる時期もあった。「もう戻らないんだろうな・・・」と諦めそうになる度、その空白を埋めるようなゴールをひっさげて彼は帰ってきた。
b0038792_0525443.jpg

彼には心を預け、最高のパスを最高の間合いで出す友がいた。この友のチームの去り方が、大きな雲となって彼を何度目かの雲の中に隠してしまった。
それもそうだろう。この友は彼がユニフォームを脱ごうとした際にも、静かに彼の心に水をやるように近くにいたのだから。お金以上に、何よりも大切なもの。それが友、奥 大介だったはずである。

このトリコロールのユニフォームに袖を通す前、同様な兄貴分に森保がいた。広島時代、信頼した彼がチームを去らざるを得なくなった際、彼は共に移籍することを懇願したという。「竜」の心を読み解くならば、最高の「信頼」を得なければならない。

正直、フロントは取り返しのつかない失態をやってしまった。友として「竜」はなかなか許すことができないだろう。唯一取り返すためのツール。それはナビスコカップ対磐田戦のときの様なサポーター全員のそれぞれの立ち居位置での声を発するしかない。

諦めることなくこのエントリーを書いた。どこかで「竜」にかかわる人が目に留めてくれることを祈って。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-14 01:10 | 横浜F.マリノス
b0038792_1394890.jpg

あけましておめでとうございます・・・って松の内も過ぎてましたね。
相変わらずの遅筆状態が続いてます。
理由は単純なんだ。マリノスに明るいニュースが少ないから。いろいろニュース探しぬいてた去年までのシーズンオフが嘘みたい。

暗くなりすぎるのが嫌になったんで柏の葉まで出かけたのが1月2日。
正直ね、サッカーってこんなにワクワクするもんなんだって再認識した試合だったよ。うかれてんじゃねーのか?酒が抜けきってないんじゃないだろうか思いつつ、放置してたカメラのデータを落としながら頭によみがえってくるのはあの日のワクワク感。

乾君の笑顔はほんと、サッカーが楽しくてしょうがない笑顔だね。ドリブルで切り裂くときもFK蹴るときも真剣なんだけどあとから楽しそうな笑顔がこぼれる。
何がそうさせるかって周りの仲間がいい奴ばかりだから。熱血漢でサイドを駆け上がる8番や乾くんから引き継いだ14番の名に恥じないプレーをしようと一生懸命の14番。4番も7番もいい選手だった。
b0038792_150211.jpg
b0038792_151574.jpg

そしてずば抜けたテクニックをイレブンの全員が持っていた。想像力豊かなプレーってああいうことを云うんだな。グダグダなときのマリノスのような場当たり的なプレーじゃなく、また労を惜しまないプレーでもあり・・・いいとこだらけだった。印象に残っているのがピンチになってみんなが引き気味になり、9番だけがカウンターに備えている常道の場面からいきなり14番が駆け上がりカウンターに厚みを持たせていた場面。明らかに真岡に比べ体が小さくフィジカル面で不利に見受けられる状況を華麗なタッチで切り抜けていた。
b0038792_159381.jpg

そういうチームの中で必ず局面打破を仕掛ける絶対的なエースが乾君だったわけで。残念ながら野洲高校は八千代に敗れてしまったけど、夢の続きはトリコロールを身に纏ってから。
上の写真の後姿、なんとなく誰かに似ていてどきどきしちまったよ。ファン感に彼が来るならいくしかねーな。
b0038792_233328.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-01-08 02:06 | 横浜F.マリノス