<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本当に、涙が出るくらい直樹がピッチにいることがうれしかった。
大阪戦、大宮戦と最終ラインに背番号3が君臨してた・・・。とはいえ、久々の実戦投入だったんで滑ってみたりハンドしてみたりで勇蔵の安定度を再確認してしまう部分もあったけど、やっぱり背番号3は横浜にいなければいけない。
「生涯トリコロール」を宣言して一番しっくり来る選手だと思うしね。
b0038792_10522159.jpg

Tシャツにベテランで出場機会に恵まれない選手の名前を刻むなんて、直樹らしい「反骨」というか、なんと言うか・・・ほんとに愛すべき男だ。

さて、ガンバ大阪、そして大宮アルディージャと戦ってきたわけだけれども本当に哲也に救われている試合続きだ。本当に哲也が最後の最後で抑えてくれなければ2敗してたはず。そこで勝ち点2つを拾ってこれたんだからあとはもう、FWの仕事だ。

仕事場で草サッカーのFWをやっている学生がいて、そいつと話すと「1対1でGKと向かい合わせになったときが一番難しい」という。「流し込むだけだろ?」というと、「そう思うと絶対はずせないってプレッシャーかかるし、迷うと足元にキーパーが突っ込んできてる」といって頭を掻いた。
b0038792_114369.jpg

才能の違いはあるけれど、そんな学生と大差ない年齢で「プロ」の称号を背負った陽介やマイクにとって、ここは正念場だ。「無理もない」といって成長をゆっくり待つ手もあるけれど、今のFW陣の状態を考えると若手もベテランもない。度胸が据わってて確実にネットを揺らすことが出来れば、足元のテクニック云々よりも優先して使って欲しい。また、プロとして真っ白な分、いらない雑念なくGKと正対できると思うしね。

カナダからマイクが帰ったらとにかく仲のいい陽介とのコンビネーションを高めて欲しい。
この二人が出れば相手よりも確実に1点多く取れるって言えるようにね・・・。

苛立ちはあるけれど、とにかく前へ。大分戦はまたまた不参加だけど、ゴールを量産してきてください!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-06-27 11:12 | 横浜F.マリノス
b0038792_2273.jpg

仕事だなんだで清水アウェイのことをアップする前に試合前日となってしまいました。
いろんな意味でF.マリノスとサポ(つか、おいらの気持ち)の一体感・・・というか運命共同体っぷりがふんだんにあらわれた試合でした。

俺らが暑さにへばればイレブンも足が止まる。ボーっとしてるうちに先制食らって勇蔵までもが退場。
やばい。だから死力を尽くして旗の無茶振りをしまくったら裕介君の奇跡のゴール(おいらはずーっとゴールだと思ってるからねw)で何とかドロー。

結果だけ見て納得しない人はしなくていいよ。でもあの試合、とんでもないターニングポイントだと思うんだ。ずっと先制されたらそのまま追いつけないチームだったのにあの日は追いつけたんだから。


で、ガンバ戦です。いろいろお仕事が絡んだりしてるけど、何とか行くつもり。
だって、勝利の匂いがぷんぷんしないかい?

おれには旨そうな匂いがぷんぷんくるぜよ!
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-06-20 02:19 | 横浜F.マリノス
清水戦。

ナビスコのアウェイ戦はいろんな意味でターニングポイントだったと思う。前日の代表戦で勝利して満面の笑みを浮かべるユージを眺めながら「横浜でこの笑顔を!」と強く願ったっけ。
清水は決して楽な相手じゃない。今年はまだ負けていないけど、心して戦いに臨まないと簡単に足をすくわれる。

チャントには意味があると思う。その最たるものを展開したのがナビスコでの90分アモール・ループだったと自分は思っている。声枯れようとも愛を歌う。親を亡くした子どものようなチームに愛を注ぐためにあのチャントは深い意味をもって歌われたと思っている。

今度の清水戦はどんな意味があり、どんなチャントがふさわしいのだろう?
とにもかくにも「魂」を込めることが大切。チャントはルーチンで口にするものじゃない。アモールや「ひとりひとりの~」を歌うとき、半泣きになりそうになるくらいの感情の昂ぶりを覚えないか?
そんな昂ぶりが選手の背中を押す力になり、勝利を呼び込む引力となると思うのだ。とにもかくにも、愛をこめて勝利を呼ぼう。
b0038792_0373158.jpg

そんな清水戦をきっちり勝って真夏の本当にど真ん中にやってくるのがえふしーとかパフィ浜とかいう時間の止まった世界の連中との戦い。
「俺、怒ってんだよ」的なことを書こうとしたらフロントさんがすごい勢いでもっと怒ってる。
そりゃそうだ。あやつらをクールに受け流そうとして赤っ恥をかいたのがフロントだ。怒ってるなら素直に怒ってる態度でいこうじゃないか。b0038792_0461888.jpg
「最後のダービー」と銘打つフロント。そうだよな。こんなバカ騒ぎも今年が最初で最後だ。ベンチに下がるたんびに痛々しいアイシングをするカズなんてちょっと昔ブームでJリーグ見てました的な俄かファン以外にはなんでもない。
久保?は?いるのかよ?故障した大砲はただの鉄くずだよ。トリコロールに袖を通した男の中で一番糞な男。愛してただけになおさらだ。

正直、熱くなりたくなかったんだけど油断して一発殴られてるから怒ってんだよ。サテの若手も徹底的にこの偽者を徹底的に叩いてくれた。もう、あとは気持ちを高めて叩きのめすしかないじゃん。
頭の中にはザ50回転ズの「荒野の男」がぐるぐる回ってるよ。勝ち点3と横浜のプライドが呼んでいるんだ。理屈じゃねぇよ。

横浜にはトリコだけ。
色褪せた水色はいらない。つか、水色嫌いにさせてくれたこの糞から賠償金貰いたいくらいだ。

とにかくこいつらを潰すためにこの先のゲームをきっちりひとつひとつ勝って心置きなくパフィ浜潰しを楽しめるように行きたいね。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-06-15 01:20 | 横浜F.マリノス
b0038792_21153324.jpg

6/9は湾岸のシマをかけての決戦。
関内に本拠地をもつ三浦先輩が頭を張る「横浜港星爆走隊」が「千葉黒鴎房総暴走隊」をぶちのめしたとの知らせが「横浜三色鬼押暴走団」の溜り場、「スナック NISSAN」に入る。


松田総長:・・・やるなぁ、三浦先輩。

中澤副長:俺たちがあとは『千葉市原雄死無連合』を潰せば・・・湾岸は俺たちのものになるのか・・・

栗原:・・・潰す・・・ぜってぇ潰す・・・松田さんの代わりに潰す。

松田総長:栗蔵、すまんな。ボン先輩が意固地なばっかりに・・・。

栗原:問題ねぇっす。湾岸のシマ、ぜってぇ獲りますから。

哲也:しんがりは・・・俺が守ります。

中澤副長:前、どうしたぁ!気合入れて倒しに行くぞ!

金龍こと山瀬兄:あせんなよ、副長。左にいる銀龍(幸宏)もギラギラしてるし、何よりも吉田さんの目つきがハンパねぇ。

坂田:大島が偵察でてるからそろそろ連絡が・・・



横浜の地に乗り込んできた「千葉黒鴎房総暴走隊」と「千葉市原雄死無連合」は小机の地に来る頃には仲間割れを起こしていた。マリンガン軍団を持ってすれば横浜港星爆走隊は3秒で潰すと豪語していたバレンタイン先輩と冷静なアマル先輩は性格的に合わない二人であったが湾岸制圧の目的だけに手を組んでいたものの、あっけない「千葉黒鴎房総暴走隊」の敗走にアマル先輩はぶちきれ状態だった。

アマル先輩:だからよぉ、バレンタインは信じらんないんだよぉ!

巻総長:大丈夫っす。今日こそ犬旗を横浜の地にひるがえらせましょうよ。黒部も燃えて・・・

黒部:ぶちのめすー!ぜってー栗原ぶちのめす!

羽生副長:焦るな、黒部。やつら、最近走りだしたらしいけど俺たちのほうが前から走ってんだ。湾岸の地、俺たちだけで獲る!

アマル先輩:最近信じらんないんだよー。今日のバレンタインといい、阿部といい・・・裏切る奴ばっかで・・・

水本:大島のバイクが突っ込んできたー!!!!


小机の巨大な空き地はかくして決戦の地となった。なみなみならない決意で特攻を仕掛けた吉田の一撃で「千葉市原雄死無連合」は敗色濃厚に・・・しかし不可解な事故で吉田先輩のバイクが炎上する・・・

栗原:よ・・・吉田さーーーーん!!!

中澤副長:栗蔵!熱くなりすぎんな!!

河合:副長!左!

決死の突撃を黒部が仕掛けてくる。

黒部:ふ、もらったぜ。

哲也:させるかぁ!

90分に及ぶ死闘の末、「千葉市原雄死無連合」は壊滅。横浜に新たな「鬼神・榎本」伝説が生まれ、哲也のバイクのタンクには鬼のエンブレムが刻まれた。

哲也:俺が守りさえすれば・・・0に抑えさえすれば、無敵なんだよ。
b0038792_2226533.jpg



・・・てなわけで、勝ち点3、ゲットです。最後の鬼のような守り、クリアするごとに旗の竿を地面に突き立ててたんで帰りの撤収の際に旗竿が分解できなくなってるしw

とにかく、昨日が新社長の前での初試合。勝利で飾れて何よりです。戦闘意欲剥き出しの新社長さんの心意気に応えて「横浜爆走族」風味の展開で書いてみましたが・・・いかが?
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2007-06-10 22:32 | 横浜F.マリノス