<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0038792_157248.jpg
このスタジアムではいろんなものを見てきた。
花火並みに4発ゴールを打ち込まれ、1点も返せなかったときもあった。豪雨の中歓喜の勝利に酔ったこともあった。

2008年7月。墜落の日々にアンカーを打ち込むような引き分け。やっと勝ち点1を取ってきた。こんなにも勝ち点が嬉しく思えるとはね。
この結果を情けないと思うか、価値ある結果と思うかは人それぞれだけど、俺は価値あるものと感じた。

チームがピッチに現れたときの歌声は忘れない。そしてぶんぶん振り回したタオマフの様子も忘れない。負けが混んでる状況でのあの歌声。景気のいいときにしか見れないタオマフ回しを馬鹿みたいにやりまくる愛すべきバカパワー。蒸し暑く、意識が飛びそうな状況なのにね・・・。

オオシのゴールを決めた後の形相。木村監督になって以降、出番が少なくなってた男の意地。
「いい加減、目を覚まそうぜコンチクショウ!」って迫力が伝わってくる。


これでいいんだと思う。チームと一緒にサポーターがもがいて叫んで、がむしゃらに前に進んでいけばいい。フロントの雑音も、応援に対する雑音も、這い上がってがむしゃらの渦の中に巻き込んでいけばいい。

振り返ったとき、この勝ち点1が価値あるものだった思えるはずだと俺は信じてるよ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-07-28 02:35 | 横浜F.マリノス
どうやら追い込まれてるみたいだ。
降格ラインに足突っ込んで、目の前で横浜が苦しんでいる。

目の前には調子のいい鹿軍団。
全力の応援をやるか、尻尾巻いて逃げるか?
もうね、突っ込むしかないっしょ?逃げながら勝ちを願うなんて都合のいいやりかた、できないだろ?そんくらい、横浜が好きなんだから。

苦しいから今日もスタパンを聴いてる。バカみたいだけど。
それでテンションあげていくしかないんだ。

”アイワナビー 歌おうぜ がなろうぜ 情熱の歌を
 現実に絶望しない 俺たちの希望の歌を

 アイワナビー 夢の星に生まれたなら 間に合うはずさ
 今夜吹く風に乗って「その」続きを探しに行こうぜ”
b0038792_225332.jpg
こいつは作成中のトリコゾンビ。くたばっても何度でも這い上がって相手をぶち抜いていくような絵を描きたかった。

最後に選手への想い。

”アイワナビー 聞こえてるか ずっとここにいるよ”

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-07-18 22:10 | 横浜F.マリノス
「クソッタレ
叫ばなければやりきれない 胸の痛みがあるんだ。」

スタパンの曲が妙に心に沁みるときは、いつも苦しいときなんだよな。
歌詞と同じように途方もなく悲しい気持ちだけどさ。

「やめてくれ 僕はそんなに強い人間じゃありません
 強がってしまうのは きっと誰よりもよわいから」

凹んで消えちまいそうな気持ちを歌ったかと思ったら忘れちゃいけない言葉が続く。
それでいつも怖いくらい、やらなきゃいけない言葉が詰まってる。

「苦しいよ 寂しいよ それでも僕らは行かなきゃいけない
 叫ぶんだ 叫んでがんばれ 変われないものなんてあるもんか クソッタレ」

叫んで頑張ろうじゃん。それしかないんだよ。
b0038792_2145028.jpg
追記:桑原監督との最初で最後のふれあいを思い出した。
まだ好調といえる状況下でサインの脇に「優勝」の二文字を書いて欲しいとせがんだら少しはにかみながら「今はまず、これですね」と「復活」の二文字を書いた。

本当に「復活」しなきゃ・・・。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-07-17 21:45 | 横浜F.マリノス
お久しぶりです。
様々なことが起こりすぎて戦地を離れていた長官です。
リーグ戦アウェイのガンバ戦に参戦し、ロニーのくじけないゴール、鬼気迫る勇蔵のディフェンス、最後の砦として戦う哲也を観てから1ヶ月半、実に長い間現場を離れていました。

苦しい季節に返ってきました。この空気は岡田さん解任以来の重い空気なのかな・・・。
ただ、途中で離れていた分、冷静な部分もあるんだけどね。

重い空気に自分の意見としてひとつ言えることは、悲観してもチームは変わらないってこと。
たしかに桑原監督のサッカーは去年のスクランブルアタックのようなダイナミズムやカタルシスもないまま、ここまで来ている。アウェイではまったく勝てず、頼みのホームでも負けた。そして14位転落。

ここで騒ぎたい気持ちもわかる。不幸のどん底のような顔をしたくなるのもわかる。事実、俺も川崎で凹んだし。

でも。

往々にして悲壮な覚悟で臨んだ物事には悲劇の結果しか来ない。だったらでかい声で、思い切りチームへの想いを歌えばいいじゃん。

川崎ではヒリヒリするようなスタジアムの空気の中で久しぶりに跳ねて、歌って、応援した。気合の入った歌声の裏に、精一杯のチームへの激励がこもっているのを感じた。
ずっとチームと共に戦ってきた人にとって、あの負けはかなり後々まで響く幕切れだったと思う。
このキツさを現場を離れていた俺がどこまでわかっていたかは別だけど、あの空気は俺にもかなりキツかった。

じゃ、何で心に重く響いているのか。

きっと希望が少し見えたからなんじゃないかな?
兄ちゃんのフリーキックが、あんなにもきれいに決まったのはいつ以来だろう。MTでの練習後、何度となく自分で弁慶を引っ張り出し、フリーキックの練習を続けていた兄ちゃん。それがきれいに決まったんだ。
b0038792_22462097.jpg
イーブンの状態になり、激しく連動しだしたチームに「今日はやれるんじゃないか?」って希望を抱きながら色々考えてきた応援をぶつけて叫び続けた。選手も「今日はやれるんじゃないか?」って感じていたんだと思う。

だったらその希望をでかくしようよ。

きっとあと少しで突き抜けるんだと思う。スクランブルアタック2008でもいい。みんながワクワクするサッカーか、最後の最後で競り勝つ痺れるサッカーかわからないけど、そんな勝ちがもう少しで来そうな気持ちを感じたのは俺だけだろうか?

今度はホーム。それもみんなの声が選手に届きやすい三ツ沢。
「俺たちはここにいる!」って叫んでやればいいじゃん。

俺も仕事を終えたら駆けつけるぜー。


追伸:最近、チームの好転の鍵をこいつが持ってるんじゃないかと感じる今日この頃・・・
b0038792_22475628.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-07-08 22:49 | 横浜F.マリノス