<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長い週末だった。
金曜日。思いのほか早めに仕事を終えることができたので翌日早めにスタジアムに向かうために早く床についたものの、まったく眠気が来なかった。緊張していたのか、無意識のうちにもっとテンションを上げておかないとダメだと思い込んでいたのか、いろんな人の日記やらブログやらを覗いていた。

檄文の一発でもここに書いてやろうと思ったけどぜんぜん文章が浮かばない。そんなことをしているうちに、早く帰った甲斐もなく夜更かし&寝不足のままスタジアムへ向かうことになった。

緊張で腹が痛くなって若干出発遅れたら既にみんなが一発幕の掲出に取り掛かっていたのであわてて合流。
b0038792_23345099.jpg
b0038792_23351224.jpg

「今、この試合だけに全力を!!」
「気持ち出して勝とうぜ!!」
「死ぬ気で勝ち点3」

一発幕のメッセージは選手にだけ向けられたものじゃない。そして今日に限ったメッセージじゃない。ここから先、すべての横浜サポーターが最終節に至るまで心に掲げて闘うための誓いのことばだ。この誓いのことばはどこまで横浜サポーターに響いただろうか?
b0038792_2338760.jpg
トリコロール日記じゃないけど健太の描いた「輝ける軌跡」が勝ち点3を俺たちに運んできた。「マリノスらしい決め方だな…」と心のどこかで思った。ここ3試合大活躍の狩野の背中に輝く14番はこういう決め方の得意な先人から受け継いだものだ。そしてフリーキックが最強の「武器」として活きるときのマリノスは賛否こそあれど、「強いマリノス」だったように思える。
梅雨の明け切らない7月の初旬、度重なる怪我で出遅れた狩野は決意に満ちた顔で全体練習を眺めていた。もしかしたら睨んでいたのかも知れない。そんな想いが今の彼を支えているのだろう。

このまま突っ走ろう。別に死にゃしないからずっと「死ぬ気で勝ち点3」取りに行こうぜ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-09-28 23:39 | 横浜F.マリノス
「エコパの流れを最後まで」
俺たちエコパでやれたんだ。ビラをまきながら、話をして気持ちを上げて。
コンディションを上げてぶっこむ方法を国立でも継続するつもりだった。

結果はドロー。勝ち点1。

「最低限のとるべきものは取った」という人もいるかもね。
「上位相手に勝ち点積み重ねて順位上げたんだから」って人もいるかもね。

ごめんなさい、俺そんな話聞くと途方もなく悲しくなるんだよ。
もっとやれるだろ?そこで満足する俺らじゃないだろ?
俺たち2点も勝ち点を指先からこぼしてるんだぜ?

死に物狂いでやって、ピッチに気持ちが届いていたら、もっと上に上がれたかもね。
そんなチャンスだったと俺は思うんだよ。当然自分にだって満足していない。もっと丁寧に待機列でビラを配りながら話ができてたら、そしてもっとたくさんの人に声がかけられてたら・・・
尻込みもしたし、「エコパの続きでわかってるよね」的なまとめの上で話をしてたり。
後悔しても意味ないっていうかも知れないけど思い出すといろいろ煮えるようなものが奥のほうにあるんだよ。で、きっと横浜のみんながそういうものを持っていると思うんだよ。

もっと悔しがっていいんじゃない?
腹の中でやけつく悔しさと向き合いながら大分戦に向かっていってもいいんじゃないの?


向かい側の川崎の声、悔しいけどデカかったよ。
ユージがオウンゴールしたのも、あれに煽られたことが皆無だなんて言いきること、できないよね?
もっと密集して声の塊飛ばして、ピッチの向こう側の危機に「俺たちがいるから大丈夫」って力強い後押しができたらって俺は思うんだよ。



仕切りなおし。気合入れなおし。
何が何でも次は勝ちきる。ホームなんだぜ。あたりまえだろ?
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-09-25 00:50 | 横浜F.マリノス
応援に使用する旗。

それぞれに想いをこめて作っているはずである。

俺は旗を振るときこんなことを考え使っている。

ゴールへ向かって突進する横浜イレブンへ前半は「行け!」と背中を押すために。
後半は「来い!」と迎え入れるために。
90分通してトリコロールカラーをみせつけて、ここに俺たちはいると伝え鼓舞するために。


間違っても武器じゃない。それも選手を傷つけるような代物じゃない。
でも鹿島ではそうじゃないらしい。
鹿島の旗振りが行った傷害行為は同じく旗を振る人間として許せない。
1発目が警備とのせめぎ合いで意図せずに当たったとしたらそこでやめてきっちり謝っておけばいいのに、ゴール裏を端から端へ走って突き刺さんばかりの勢いで出された2本目の旗。


最悪すぎる。


胸糞悪い。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-09-21 12:59 | 横浜F.マリノス
やったね。
久々のアウェイでの勝ち点3です。パンツぐしょ濡れになるくらい嬉しいです。そして磐田は永遠に田舎です!

昨日は「ゴール裏密集」をビラを使うという新しい方法で「密集する意味」とか「今日がどんだけ踏ん張りどこなのか」ってことを待機列でたくさんの人に話していったわけですが、呼びかけに応えてバンデーラに入ってくれた人、そしてバンデーラの周りをぎっちり固めてくれた人、本当にありがとうございました。

呼びかけに応えて「密集」してくれた「仲間」は、きっと初めてその意味や連帯感を感じた人もいれば「意識」することであらためてそうしたことを再確認した人もいたと思います。
アウェイって日産でうまく棲み分けされた人が「アウェイ席」って一括りで同じ場所に放り込まれるわけで、気持ちの持って生きかた一つで天国も地獄も創られるわけです。その分水嶺はやっぱり「意味」を「意識」してそこに入ることなんだよね。ホームもそうなんだけどアウェイってやっぱり旅を楽しみながら応援したかったりするし、そうなるとスタジアムに入るときの気持ちを「意識して」オンにすることが必要なんだと思うわけです。

昨日は上手い具合に「降格地獄鍋」を磐田の田舎の方に蹴り込んだわけですがまだまだ油断はできません。昨日の勝ちは狩野の「王子開眼」っぷりと「仕事はこなす」大島爆撃隊に目が行っちゃうけど、哲也が神となってグイグイ押し込まれ、蹴り込まれたボールを弾き飛ばしたからこそ得られた勝ちだったわけで気持ちをもっともっとピッチに向かってぶつけなきゃここから先の難敵との戦いは苦しいのです。

それと、失ったプライドを取り戻さなきゃいけない試合の連続です。読売とのクラシコで失ったプライドを奪還しなきゃいけないし浦和からダブルとって鼻で笑ってやんなきゃなんないし新潟でマリノスサポーターの常識みせつけなきゃなんないし、日立台劇場をトリパラくるくるのフィナーレで演出しなきゃなんないし・・・

明後日の国立は「神奈川の覇者」の王座を奪還しなきゃなりません。
等々力の夏の夜にいい気になったあっちのブラジル人がジャパンブルーの、それも10番を背負ってたこと、忘れてないよね。横浜者なら、そいつが何を意味してるかわかるよね。蹴り倒しにいくしかないでしょ?

国立も今となっては決して使い慣れた場所ではありません。気持ちはアウェイに乗り込む気持ちで「意味」を意識して「密集」して声の塊を選手に飛ばして90分、必死にやりきりましょう!

Go The Distance !(ちょっと懐かしいね)
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2008-09-21 10:47 | 横浜F.マリノス