<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんなにも気持ちが昂ぶった試合は久しぶりだった。旗竿を握る手が「ぶちのめす」ってこと以外考えていなかった。
この試合は絶対に勝ちたい。勝ち点とか抜きにしてもこの勝負には勝たなければならない。勝って拳を天に突き上げたい。それしかなかった。
横浜を取り巻く出来事は世間で騒がれていることだけではないのだから。
b0038792_2345264.jpg
だから千真の笑顔も、兄ちゃんの雄叫びも嬉しくてたまらなかった。このピッチには共に歩んできた仲間がいる。それでいいのだ。

横浜の最大のストロングポイントは「積み上げて作り上げること」だ。ピッチにいる選手が昨年から取り組み始め、今シーズンも迷いながら築き上げたサッカーだったり、去年から、いや8.11から、いやいやもっと前の浦和戦から続くサポーターとの濃密な関係だったり。
b0038792_2353380.jpg
この歴史は続く。歩みが遅くてもいい。間違いのない歩みなのだから。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2009-06-23 02:37 | 横浜F.マリノス
ほんとに久しぶりの更新です。

気がついたら中断です。W杯予選突破もしてました。夢中になって走ってたらもうここまで来てたって感じです。

なんだかね、次から次へ試合が来るってのはうれしいんだけどずーっと自分をパンプアップしてるっていうか・・・。一喜一憂している暇なんかないっていうのかな。勝てば嬉しいけど浮き足立てば簡単に足元すくわれるし、負けたとしても凹んだり感傷に浸る暇がないんだよね。まぁ、結論から言えばすごく充実していて楽しいっすよ、横浜を応援するってことは。
b0038792_23251939.jpg
一番最近の横浜の試合はナビスコ大宮戦。まぁクソ暑いスタジアムでした。サーマーの散水機で旗布がずっしりと重くなって空を雲が覆ったときには去年の土砂降りをちょっとばかし思い出し、藤本主税がひとりで気を吐いている姿を見たときには去年の「いつの間にか負けていた」っていう嫌な感覚がよみがえったけどすべては杞憂ってやつでした。でも大宮はダービーでは曲者になってくれると信じてる。大宮、この週末は気合入れまくってくれ!(と、ここだけいい人になっておく)
b0038792_2332914.jpg
あの試合で思ったこと。
千真はすごい奴だと思うよ、ホントに。でも兄ちゃんの根性も負けないくらい見上げたもんだよ。そして一番働きまくってたのは小椋だったりするし。今の横浜のサッカーは本当にいろんな可能性があって楽しい。結果からいえばこの週末の他チームの結果次第って言うことで「自力で決勝トーナメントを勝ち取った」って形ではないけれど、徐々に上向きなっているチーム状況は本当に明日が楽しみ。ゴリッゴリの攻撃サッカーを貫いてくれるようになったら楽しいよなぁ。
b0038792_23383574.jpg
さて、世間は「あの人が帰ってくる!いやまさかのどんでん返し!その前になんなんじゃ、カタール戦は!」とバタついてますが、実はワタクシ、横浜での「あの人」って見たことないんだよね。微かに残っているその頃の記憶って実はまだスタジアムに通っていなくて、新横浜で仕事していて土曜日っつーと妙に人出が凄かったってこと・・・。
人出が凄かったってこと・・・?確かに人が多かったような気がする。ユニ来た人が楽しそうだなー、なんて思ってたな。うっすらと残るお祭りにも似た楽しげな新横浜の風景。今はなくなったマクドナルドのショウウィンドーに俊輔のユニ(02モデル)とサイン入りスパイクが飾ってあったのを思い出す。ネイビーとロイヤルブルーのあのユニやプレイヤーズTシャツの10番を着た子どもがたくさんいたっけ。

そうか。俊輔ってそんな存在だったのか。きっと横浜の若い選手たちも小中学生の頃、俊輔に夢中だったんだろうな。

そんな「憧れの的」はきっと凱旋してくれるはず。それが自分の夢だって言ってる。その言葉を俺は信じるよ。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2009-06-11 23:57 | 横浜F.マリノス