<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

さてさて、ここから今週のお話。
中村さんの伝家の宝刀ドカーンで清水さんは泥沼の3連敗に入るわけだけど、そんないやなきっかけを与えたうちらの「目指せ3連勝」がどうだかって言うともう皆さんご存知の通り。平日だってのに結構な数のお客さんが入った三ツ沢。去年のリベンジをしたい山形が相手だってのに勝てない。その前に点が入らない。崩せない。
「せめてセットプレーで一撃」なんて思ってたら山形にセットプレーでやられるという屈辱。中村俊輔って伝家の宝刀を持ちながら名もない田舎の刀に切りつけられて絶命という結末。もうね、やんなちゃった火曜日だった。

でもね、三ツ沢でどんだけそこでチームの背中押せてたかなーって考えると個人的にちょっと何かが足らんかったような気がしたのも事実。気持ちというか、体力と言うか、いろんなとこで十分じゃなかった。選手もきっと中2日で同じ状態だったんだろうからきつかっただろうし、だからこそ応援する側が同じ状態じゃだめなわけで。そんなことを悶々と考えつつ迎えたのがこの週末、京都戦。

外団のハイエースでワイワイしながら乗り込んだ京都。ノリは修学旅行バスの最後部列を切り取ったようなノリというのが一番近いかな?気を抜いて眠ると寝顔を晒されるわ、80年代アイドルの曲ガンガン流れるわ、イニシャルトークやらなんやらでとにかくハイテンション。そんなノリで夜中をぶっ飛ばしてすげー早く京都に到着。
夏の京都は朝から暑かった。今週もえらく早く京都に乗り込んだので風呂屋で体を休めた後にまさかの嵐山観光。考えてみるとアウェー遠征でまともに観光したのは天皇杯の丸亀以来かなぁ。でも「嵐山観光したから負けた」なーんてなったらほんとにいやんなっちゃうんで、気合を入れなおしてゴル裏へ。
b0038792_1512832.jpg

じっとりとした湿気と澱んだような熱気に火曜の悪夢を感じさせられながらもとにかく勝って帰りたいって気持ちで一杯だった。仙台に大挙押し寄せていたマリサポも今回は2000人のアウェーシートに800人の動員。気を抜けばスッカスカの応援になっちまいそうな環境。必死に声を張り上げたけどどこまでできただろう?
闇雲に旗を振って声を張って歌った90分の本当に最後の最後、河合がドスンと重たいゴールを決めてくれた。絶対に欲しかった勝ち点3を手にすることができた。
そして帰りもハイエースで一路横浜へ。長いけど、うれしい帰り道。ハイエースから降りたときの朝の街が清々しかった。すべては河合のゴールにおかげ。

次はホームで新潟戦。噂じゃ狩野が練習試合で連続ゴールを決めたらしい。健太、雌伏の季節を打ち破るか?とにかく勝ってホームで笑いたいね。
b0038792_151284.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2010-08-23 01:51 | 横浜F.マリノス
b0038792_22333218.jpg

清水戦からブログ更新してませんでした。ブログ再開3戦目にして止まっちまったわけですが…ま、ゆっくり書いていきますですよ。

そのときリーグ1位清水相手に「よーし、勝つぞぉ!」なんて意気込みがあったかないかは別としてえらく早い時間に着いちゃったっけ。みんな煽りすぎの渋滞情報と前の週の仙台への道の混雑って薬が効きすぎたようです。そうそう、ドリームプラザにはそんなマリサポ多数が寿司屋の開店を待ってたわけで…。うーん1週間経つと記憶も曖昧だし何だかだなー。とりあえず当時リーグ1位(これ大事)をどかーんと俊輔の左足で沈めてわーいわーいな先週の日曜日でした。まぁ満員のアウェイで勝つのは気持ちよかったね。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2010-08-22 22:33 | 横浜F.マリノス
一週間分の情けない気分抱えて、いろいろバッタバタしながら辿り着いたユアテックスタジアム。
正直ちっさいオヤジのフェルナンジーニョとか俊輔に対抗心剥き出しのリャン・ヨンギとかにドカンとやられたら立ち直れなかったかも知れなかった。
試合中は試合中で富田って選手にヒヤヒヤしてたし。

でもね、ホントどんなに遠かろうが行って良かった。松田さんの男前を久々に見れて良かった。
苦しい時に決めるバンディエラ。やっぱ3番は伊達じゃない。

千真と兄ちゃんももう少しで調子が戻るかな?だからこそ、もう1点が欲しかった。

まだまだ、満足しちゃいけない内容だけど、「勝ち点3」ってやつを決めてくれたことに感謝!
勝ちはどんなに遠くてキツい道のりも笑顔に変えてくれるし、次の応援への気合いも入る元気玉なわけで。
だからチームに、松田さんにありがとう!

そんでもって、BlueCardバスはやっぱし超vamos!低価格でこうしてアウェーに乗り込むことのできるバスがあることを、マリノスの応援を始めたばかりの人にも知って欲しいな。

さて、次節は清水が相手です。大変な相手だってことはこの間の練習試合で十分に思い知ったはず。
そんなチームの背中をみんなでまた、押してやろうじゃん。日本平のアウスタはまだまだ近いアウェーだから最近マリノスの応援を始めた人もちょっと頑張って行ってみてください。ね?

とにかく今回はいろんな方向むいて言いたいね!ほんとにありがとーございました!
b0038792_19275899.jpg

[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2010-08-08 19:27 | 横浜F.マリノス
2010年7月31日 日産スタジアム。
ホームだというのに、W杯後で新規のお客さんがたくさん来ているというのに無様に0-2で負けた。

負けることなんてたくさんある。それでも足りないものを思い知らされたりして、後々意味のある試合になることもある。でも、今日の負けはキツい。一体何だったんだろう?

連戦で猛暑で苦しいのはよくわかる。それでも敵はコンディションを整えてきた。キラ星のようなタレントを並べて。

横浜は広島での大敗以降、すべての希望を小野くんという17歳の背中にかけてきた。10番や9番といったエースの切れ味やここ一番の守りの甘さから目をそらしたままに。クラブとして不健全極まりない状態だと俺は思う。

小野くんの登場はドラマチックで希望を託したくなる気持ちもわかる。でもその一方でマリノスタウンで地道に努力し、虎視眈々とスタメンの座を狙ってきた選手や復活を目指していた選手には三行半を突きつけた格好になった気がしてならない。チーム内のモチベーションは保たれているのだろうか?

W杯以降、清水との練習試合の大敗や広島での酷い試合、勝てる試合を落とした大宮戦と明るい材料がない。永年ウィッシュリストに名を連ねていた俊輔がチームメイトになってもチームに魔法は掛からないままだ。

魔法がかからない。つまり周りの選手は俊輔がボールを持ってもそのパスを信じて走り出さないのはなぜなんだろう?

そして彼等にとってホームとは何なんだろう?3万近いお客さんが来ていてもアウェー大宮戦以下のパフォーマンスを平気で見せてしまうのはなぜなんだろう?

虚しい気分で一杯の夜だ。ただ一つ、良かったことといえばこうして試合後の感想を書こうという気持ちにマイナスの気分であれ起こしてもらえたということ。

約一年のご無沙汰でしたが、横浜無敵艦隊、少しずつ復活させますのでどうぞよろしく。
[PR]
by trico_dragon_no_9 | 2010-08-01 04:16 | 横浜F.マリノス